fc2ブログ
5年ぶりの能登ツーリングDay2(1)
2023年09月27日 (水) | 編集 |
9/18。能登ツーリング2日目です。

今日がいよいよ能登半島を巡る日となります。

早く寝たんですが、3:30くらいに起きちゃいました。夜走りが得意は人はこの時間からもう出かけるんでしょうが、ワタシは暗い中を走るのは苦手。もうちょい二度寝します。

ということで、4:50になったのでそろそろ起き出します。

98ur654greds (1)

もうすぐ夜明けですな。昨日の時点でどうも今日は天気が良くないかもしれないと思っていたのですが、やはり雲が多いです。

路面も濡れてて、夜は雨だった様子。今日は最初に千里浜へ行って早朝のなぎさドライブウェイを走って、その後は徐々に海沿いを北上しつつ禄剛崎まで向かう予定でしたが、雨雲レーダーを見ると

98ur654greds (1)

はい、ガッツリ雨ですわ。さてどうする?? 雨の中砂浜なんて走りたくないですからねぇ。

9jiiojrtbtph.jpg
(ちなみに前回はこんな感じで快晴でした)

しばらく考えて、ここは

「雨雲を高速で突破。一気に禄剛崎に移動して、それから考える!」

ということにします。考えが決またらいざ出陣。マンテンホテルは朝飯が美味いみたいなんですが、朝の2時間は貴重なので、今回はパスします。

朝のお薬&💩タイムを終えて、5:30にはチェックアウト。

98ur654greds (2)

直結通路で駐車場へ。とりあえずまだ雨は降ってきていません。

98ur654greds (3)

前回説明しましたが、一般駐車場にはこんな感じで留められます。ちなみに出庫時はバイク用のゲートが指定されてますので、そちらから出るようにしましょう(西側出口の左側ゲート)。

98ur654greds (4)

さらば、マンテンホテル。快適なホテルでした。今日は東横インだからなぁ。さてどーだろう? 午後の高岡の天気は回復する予定だが、雨だったら青空駐車だしなぁ。

98ur654greds (5)

朝焼けのバイパスを爆走。既に霧雨状態ですが、まだカッパはいらない感じ。既に27℃くらいあるので、寒くはありません。

まずは高速の無料区間を使って七尾まで一気です。

98ur654greds (6)

まだ霧雨。こんな状態なので雨晴海岸は最初から捨てました。どうせ立山連峰も曇ってて見えないし。

ここは時間との戦い。

goodluck01.jpg
「晴れ間は必ず出る(by 香田キャプテン)」。

本格的な雨雲が来る前に、何としても七尾まで抜けたい。

何とか本降りを回避して七尾まで来たら天気も回復。田鶴浜ICで降りて穴水まで海岸線を走ることに。

98ur654greds (7)

でも西側の天気、悪くないんだよなぁ。ここで高浜方面にスイッチするべきだったかなぁ。

98ur654greds (8)

そして半島を左回りすると午前中は海側が逆光になるのでどーにも景色が良くない。

これは面白くないということで、穴水からK1で一気に輪島に向かいます。つまり西側にスイッチするということですわ。

98ur654greds (9)

このK1がメチャクチャ快適。能登って前回は海岸線を一周したのでとにかく移動に時間がかかるイメージでしたが、海岸線を捨てると無料の高速もあるし、のと里山海道もあるし、横断する県道も広くてハイペース。

能登に対する見る目がちょっと変わりました。この手の道路を使えば、一日で東京から輪島あたりまで行けるなぁ。上高地とかに寄り道しなければ。

98ur654greds (10)

ということで、一気に輪島で海に出ます。天気もまずまず!

kattana.jpg

でも禄剛崎方面は

98ur654greds (11)

微妙。かと思えば、

98ur654greds (12)

急にいい天気になったり。もう最初のプランはめちゃくちゃになり、行き当たりばったりの状態です。

ここからはR249で白米千枚田に向かいます。

98ur654greds (13)

またも微妙な曇り空の中、7:50に到着しました、白米千枚田。

98ur654greds (14)

この時間にここまで来られるとは、やはり早起きは三文の得ですな。

98ur654greds (15)

当然ながら、ここは下まで降りてみましょう。

98ur654greds (16)

結構な急坂なので、帰りがしんどい。汗だらけ。

98ur654greds (17)

朝だからまだ売店もやってないし、ソフトっていう気分でも無いので

98ur654greds (18)

給水タイム!

結果的にここまでカッパを着なくて済んでますので、良しとしましょう。では禄剛崎へ。

北海道から帰ってきたら、どうも本州の道路は冴えないなぁと思っていたのですが、

98ur654greds (19)

奥能登絶景海道、捨てたもんじゃないですね。竜飛や下北もいいけどここもイイ。竜飛と下北を首都圏から2泊3日で行こうとする人は、たぶんブランさんpieceさんくらいしかいないでしょう。でも能登は3日あればゆっくり1日かけて回れますから。

98ur654greds (20)

そんなこんなで到着しました、道の駅狼煙。

98ur654greds (21)

今回ここには絶対来ようと思っていました。というのも前回来た時に禄剛崎灯台への案内をgoogleマップでやったら、ヘンな山道に連れていかれて、そこの鉄板で出来た道でエキパイを思いっきりへこませたという悲しい思い出の場所。

今回は何としても禄剛崎灯台まで行かないと。

98ur654greds (22)

ここはバイクで道の駅まで来て、そこから歩かないといけなかったんですなぁ。

98ur654greds (23)

徒歩8分。なかなかの登りです。

98ur654greds (24)

そして上に上がるとなぜかキューティーハニーがお出迎え。

98ur654greds (25)

ターンテーブルがあるので、たぶんここでDJ祭りでもやるんですな。

98ur654greds (26)

日本のへそはいくつあるのか? この手のモニュメントって多いですねぇ。

98ur654greds (27)

中韓な人も来るんでしょうなぁ。そして周りの話声から関西系もいますねぇ。たしかにここから大阪京都もそう遠くないもんね。

98ur654greds (28)

やっと念願の禄剛崎灯台。ようやく見られました。

これで今回も重要目的達成。でもまだミッションは残っているのだよ。

98ur654greds (29)

(つづく)
スポンサーサイト



テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク