fc2ブログ
2024年05月18日 (土) | Edit |
4/29の東北ツーリング。

前回は東日本大震災津波伝承館まででしたね。

ここからは、陸前高田長部ICからまた高速を使い、気仙沼鹿折ICで降りて気仙沼大島へ向かいます。

ここは両親との思い出の地。そういう意味では唐桑半島も巨釜とか一緒に回ったけど、今回はパス。

気仙沼も復興しましたなぁ。

e8w7fnure (1)

震災の日、燃える気仙沼をTVで見た時は、もう終わったぁ・・・と思ったっけなぁ。

rg87y7hgrgrerh.jpg

あの時はまだ庄内にいたんですが、たまたま自分の住んでるところは停電も無かった。でも翌日から停電エリアから買い出しの人が押し寄せて、大変な状況になったっけ。特にガソリンが入手難だったのは困りました。

昔は気仙沼大島へはフェリーで渡ったんですが、今は橋があるんですなぁ。

e8w7fnure (2)

とりあえず行きたかったのは、両親と泊った休暇村。

e8w7fnure (3)

泊るってわけにもいかないのですが、ここは下に浜辺があって、親父と朝散歩したんですわ。

e8w7fnure (4)

その時のことを、ちょっと思い出したかった。

e8w7fnure (5)

この後は田中浜も眺めに行ってみた。

e8w7fnure (6)

こことか、亀山リフトとか、いろいろ行ったっけ。

亀山リフトは母親はコワがって、親父と自分だけ乗りました。今はもう無いみたい。

e8w7fnure (7)

気仙沼大島ウェルカムターミナルでちょっと休憩。

e8w7fnure (8)

ちょいと何か摘まみたいのですが、

e8w7fnure (9)

ちょうど貝を焼いてたので、ホタテを頂きましょう。

e8w7fnure (10)

貝って焼いてグツグツいってる時は美味そうなんだけど、火からおろすとなんだかなーって感じになる。

だから焼いて売ってるんだろうね。まぁまぁ美味かったよ。

e8w7fnure (11)

港の方のホテルにも両親と泊ったし、ふかひれの寿司だのラーメンだの食べたように思いますが、今回は大島のみでさようなら。

また来ます!

ここからは浦島大島ICからまた高速。あとになって

「岩井崎にも寄るの忘れた!」

と思ったけど、あとの祭り。気仙沼は山形からでも日帰りできるので、また寄せてもらおうと思います。

ここからは歌津ICで降りて、K221から南三陸方面へ。

K221に入ってすぐかな、いきなり津波防波堤があったので、すぐ下から撮影。

e8w7fnure (12)

なかなかの高さ。上に上がるとこんな感じ。

e8w7fnure (13)

三陸は至る所にこれが出来ちゃいましたね。

志津川のGSでまた給油。R45→R398で女川方面に進みます。

e8w7fnure (14)

奥に見えるはホテル観洋。この辺のランドマークですな。

実はこの橋の上で致命的な見落としをしてました。昨日スマホでずっと探せなかったこの震災遺構。

4hjkthtr1h.jpg
(googleで拾ってきました)

帰ってから確認したら、南三陸旧防災対策庁舎で、この橋の反対側にあったんです!

54hhit514thrt.jpg
(google様からお借りしました)

やっぱりやっつけ仕事でルートを組むとこういうことになるのよね。



素通りしてしまってごめんなさい。気を取り直してR45を南下します。

e8w7fnure (15)

R398はまだVT250FEに乗ってる頃はめちゃくちゃ細くて難儀な道で、それがFZ400Rのあたりで、少し改善されたような。

今では全線快適な道路になってました。

e8w7fnure (16)

この辺は北上川と並走する道かな。昔から好きな道路でしたが、ちょっとイメージが違うような気も。

e8w7fnure (17)

たぶん昔は下の道だったのかもなぁ。

この辺、ちゃんと調べておけばよかったのですが、震災遺構の大川小学校跡もすぐそばだったんです。

rgj7rgregre.jpg
(google様からお借りしました)

ここは石巻市街地にあると思って回れないなと思ったんですが、ちゃんと場所を調べておけばよかった。

rgrej514ree.jpg

正に目の前を素通り。ブライトからこう言われちゃいそうです。

ydlcn563 (6)

やっぱり急に思いついて回るには、重たすぎるエリア。



祈りを捧げるのは、またの機会にさせて頂きます。

このエリアで最後に悩んだのは

「牡鹿コバルトラインを回るかどうか?」

たぶん1.5Hくらいかかるので、R398に戻ってくるのがおそらく17:30くらいになる。

we0gu514r.jpg
(帰宅後検証しましたが、やはり1.5Hくらいですね)

そうすると、山形到着は19:00は過ぎる。

時間的には回れなくは無かったのですが、結論から言えばパスしました。もともと予定していなかったということもありますが、それ以上に夕方のワインディングは陽が傾くと予想以上に暗くて、いい画像が撮れないというのがその理由。ついでにいうと、朝の時点ではこのへん、夕方から雨予報だったんですわ。

K234から石巻女川ICでまた高速。ここからはもう山形までずっと高速です。

e8w7fnure (20)

春日ICで最後の休憩。

またちょっと小腹が空いたので、パンでも食べましょう。

e8w7fnure (21)

レンチンして食べたらまずまずのお味。

e8w7fnure (22)

ちなみにここ、松屋が併設されています。

e8w7fnure (23)

ラーメンなんてあるんですね。

西に向かっていくと、だんだん天気も暗くなってきて、やっぱり宮城エリアには長居は無用でした。

e8w7fnure (24)

そして笹谷トンネルを抜けると・・・

e8w7fnure (25)

夕日です! 雨に降られずに済みました。

本日は宿に着く前に晩御飯を頂きます。お邪魔するのはこちら。

e8w7fnure (26)

らーめん 有頂天 EVOLUTION。いわゆる「龍上海インスパイア系」なお店。

ここはゲソ天みそラーメンが有名で、大野目のお店には親父が一緒に行ったことがあります。

昨年末にスキーに来た時に、龍上海で「醤油ラーメン+辛みそ」の選択が券売機で出来ないという話をしたと思います。親父が龍上海のこの組み合わせが好きで、昔よく食べたんですわ。

それを食べたいけど龍上海では食べられないので、ここに来たというわけです。

ウエイティングは10人くらい。夕方でこれはそこそこの人気店ですね。

e8w7fnure (28)

今日はこの特製ラーメンに、ゲソ天をトッピングします。

e8w7fnure (27)

ここも

gaban.jpg

ですな。そんでもって着丼!

e8w7fnure (29)

確かに醤油スープに辛みそがデフォで載っています。

では頂いてみましょう。

e8w7fnure (30)

麺は中太。これも定番。でもこの店は細麺も選択可能です。問題はスープですが、

e8w7fnure (31)

違ーう!! これじゃない。

龍上海とは違って魚粉系? これじゃないのよ。求めているものは。

やっぱ上手くいかんねぇ。

e8w7fnure (32)

トッピングのゲソ天は少し遅れて登場。遅れるのはトッピングと言えるのか???

e8w7fnure (33)

出来立てアツアツで美味しかった。

ラーメン自体は美味しかったけど、親父との思い出の味とは程遠かった。

e8w7fnure (34)

文句言ってるわりに、汁飲み過ぎ。

住所:山形県山形市荒楯町1丁目3-1


さて、あとはホテルで寝るだけです。

今日のお宿はいつもの定宿、スーパーホテル山形西口温泉。明日は平日ですので、お値段は6,600円といつもの値段。

e8w7fnure (35)

ここは3台は屋根下に置けるのですが、GWだとそんな枠はもう空いてないわけで、4輪車区画になります。

ここまでこのホテルに二輪が置いてあるのも、見たこと無いかも。さすがGW!

お部屋はこんな感じ。

e8w7fnure (36)

そして飯は食べたのでまずお風呂。

e8w7fnure (37)
(ホテルのHPからお借りしました)

そして、今日もウェルカムドリンク。

e8w7fnure (38)

やはりココが一番充実してますな。タダ酒に赤霧島を置くのはサービス精神満点です。

e8w7fnure (39)

明日は帰るだけだと思うと、もうおしりに根っこが生えちゃって、暫くここで飲み続けてました。

赤霧島ウメェ。。。

e8w7fnure (40)

あまり飲み過ぎないように、あえてつまみは買わずに真っすぐホテルに来たんですけど、意味ないじゃん。

グルグルに回ってきたところで、部屋に戻ってまたお風呂。

明日も朝風呂頂きますぞ。

今日のルートはタイムライン的にこんな感じ。

wewew45wrewr.jpg

陸前高田から気仙沼大島までの22Kmが抜けてたので、22+507=529Km。メータ読みだと550Kmくらいかな。

前日の夜に飲みながら考えた割には、まずまず良いプランでした。

ただ、震災遺構の取りこぼしが多々ありました。このルートはちゃんと検討して回るべきでした。

まぁ今回は距離感をつかむためのロケハンだと思って、いずれまたこのルートは回りたいと思います。

それと、山形泊のままにしたのは、明日が東京に移動だけなら無駄だったかも。

とは言え、ホテルをあのタイミングで変更するのも無理があったから、これでいいのだ。

スポンサーサイト



テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
2024年05月17日 (金) | Edit |
4/29の東北ツーリングの続きです。

浄土ヶ浜を散策した後は、GSで給油後に宮古北ICに戻って、釜石を目指すのですが、途中の高速から見た山田町に衝撃を受ける。

uj7reurh47 (1)
(うまく撮れなかったので、google様の画像を借りてます)

不自然に広い土地。これってもしや津波で流された後にそのまま空き地になっている??

uj7reurh47 (2)
(うまく撮れなかったので、google様の画像を借りてます)

パッと見、ちゃんと町はあるんですが、海の手前には高い津波防波堤が。

こりゃ上ばっかり走ってもようわからんぞと思い、山田南ICで降りて、暫く下道を走ってみました。

uj7reurh47 (3)

四十八坂展望台。

uj7reurh47 (4)

対岸は船越漁港だと思うんですが、こっちにも進撃の巨人のような壁が。

もう昔のような景色は無いんですね。。。

uj7reurh47 (5)

キレイな浜辺もあるにはあるけど、それは高台から見下ろしている場所だからか。

次の目的地は釜石ラーメン。前日目星をつけていたのは、街道沿いのこちらのお店。

uj7reurh47 (7)

しかし、到着してみると、

uj7reurh47 (8)

まさかの

r951bfejbe.jpg

どうも今回のツーリングは、あまり飯には恵まれないのぉ。

プランBは検討していなかったので、ここはいつもの

uj7reurh47 (9)

🍙ターイム!

uj7reurh47 (10)

青森県産ホタテフライとマヨの🍙。

uj7reurh47 (11)

お腹空いてたら、何でも旨いの。ここまで飲まず食わずだし。🍙の場合、ランチタイムが大幅に短縮できるのもありがたい。

この後、街を流してると釜石ラーメンっぽい店もあったけど、もういいや。釜石中央ICからまた高速で、陸前高田を目指します。

uj7reurh47 (12)

途中大船渡の街が見えたので撮影。

uj7reurh47 (13)

ここは太平洋セメントの工場があるし、高速から見ると昔のように栄えてるようにも見えましたが、googleマップで上から見ると

uj7reurh47 (14)

川沿いに何もないところがそれなりにありますねぇ。

通岡ICで降りて、東日本大震災津波伝承館を目指しますが、降りてすぐこの景色にやはり違和感。

陸前高田ってもっとごちゃごちゃした街だったよなぁ。それが野原のようになっちゃってる。

uj7reurh47 (15)

そしてすぐ目に入るコレ。

uj7reurh47 (16)

震災遺構の下宿定住促進住宅。少なくても3階まで水が来たってことですよね。

回りに民家は全くありません。かなり奥の高台に新しい家が建ってるようです。

uj7reurh47 (17)

さらに進むけど、全く何にもないの。

uj7reurh47 (18)

東日本大震災津波伝承館 (いわてTSUNAMIメモリアル)に到着。時刻は12:35。

まずは案内図を確認。

uj7reurh47 (19)

まずは堤防の方にある「海を望む場」に行ってみましょう。

uj7reurh47 (20)

これがまただだっ広い野原。通路には献花台があって、その先に川原川の津波防波堤があります。

ここを歩いて進むんですが、何もないので鳥のさえずりがよく聴こえます。それがまたなんだかなー…って感じに。

平和で何もないように見えて、実は過去にあんな惨劇があったなんて・・・。

uj7reurh47 (21)

広田湾。キレイだけど…。

この後は戻って伝承館へ。常設展示を見てみます。

uj7reurh47 (22)

スゴく力を入れて展示も作られていて、胸が詰まります。

uj7reurh47 (23)

ガイダンスシアターの映像も生々しかった。

uj7reurh47 (24)

くしの歯作戦という行政の道路確保活動も実体験に即した話で、興味深かったです。

それと気仙中学校の避難の話も、聞いてると本当に紙一重の生還って感じでした。

uj7reurh47 (25)

昨年に天皇皇后両陛下もお越しになられたようです。

この後はまず、奇跡の一本松の最寄りで撮影。

uj7reurh47 (26)

そう言えばさっき、「海を望む場」で

「あの遺構のユースホステル、オレ泊ったことあるんだよ」

と話してるオジサンを見かけました。皆いろいろ思うところはあるんでしょうなぁ。

uj7reurh47 (27)

気仙中学校。皆さんが無事で本当に良かった。



避難指定場所が低い土地だったため、指定に従わずに山側へ逃げる選択をなさった先生方の好判断については、是非伝承館で動画をご覧ください。

(つづく)
テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク
2024年05月16日 (木) | Edit |
4/29。いよいよ4日目です。

ルイルイと蛭子さんのバス旅でも「魔の3日目」なんてよく言ってましたが

ek451hhu8ethee.jpg
(©テレ東)

あっちは3泊4日。自分は4泊5日なので、今日が「魔の4日目」かも…とちょい不安。

そしてそんな中、今日は当初のルートをここにきて完全にひっくり返してのスタートになります。

もともとの予定では

①キリストの墓→奥入瀬渓流
②鹿角に南下し藤七温泉から田沢湖
③大曲→本庄→にかほに抜けて鳥海山
④月山越え→山形で両親の墓参り

というルート。これはほぼ過去に走ったことのあるルートで、だいたい550Kmくらい。

4h684thtrr.jpg

奥入瀬・十和田・八幡平・田沢湖・鳥海山と観光名所を巡る贅沢ルート。あわよくば土田牧場のソーセージやサンセット十六羅漢の夕日ラーメンを頂けそう。早く帰りたいと思えば、ショートカットで大曲から東北中央道で帰って来ればOK。

しかし、プランを立てた当初から実はずっと引っ掛かっておりました。震災以降に三陸を訪れていないことに。

そこで、昨晩中華屋で飲みながらやっつけ仕事で考えたプランBは、

①久慈でじぇじぇじぇ
②龍泉洞→浄土ヶ浜
③釜石ラーメン
④奇跡の一本松
⑤両親との思い出の気仙沼
⑥南三陸から女川まで懐かしの海岸線を流す
⑦女川から高速→山形泊

計算上は500Kmくらいなので、もともとのプランより短いはず。

r4g974bbr.jpg

こっちも初めて走るわけではないですが、スマホのgoogleマップで適当に考えただけなので、想定通り行くかどうか? わかんないけど明日は雨の中帰るだけだし、朝はゆっくり出られるから、今日はちょっと遅くなってもまぁなんとかなるでしょう。

この日の起床は5:30。今回も無料朝食はパス。

u7he5r8hf (1)

このホテルですが、換気の音はうるさかったし、ベッドのUSBソケットもカウンターのUSBケーブルも壊れてた。それはまぁしょうがないから自分の充電器で充電するとして、ベッドサイドにコンセントが無いので、枕元で充電ができない。

それと、ホテルのすぐそばにとても騒がしいカラオケ屋?があって、窓を開けるととてもウルサイ。

あまりいいホテルとは言えないかもなぁ。

出発は6:00ちょい前。

u7he5r8hf (2)

とりあえずR45を久慈方面に南下。まだ寒いこともあって一般道で進むのですが、メチャクチャ寒い。

しかたないので、ここでまさかの

u7he5r8hf (3)

ウインターグローブを着用。まさか4日目でこれ使うとは思わなんだ。

R45を走っていると、時々見かけるこの看板。

u7he5r8hf (4)

ここは水没するということね。

u7he5r8hf (5)

手元の温度計は13℃なんですが、体感は10℃以下。こりゃたまらんので、

u7he5r8hf (6)

いよいよオーバーパンツも履きます。これでも寒かったらあとは上にインナージャケットを着こみますが、流石にそれは無しでOKでした。やはりウルトラライトダウン+ストームシールドストレッチブルゾンの組み合わせは、かなり効果ありますね。

u7he5r8hf (7)

R45はかなり空いているので、ペースも快調。高速とそん色ない時間で進めますな。

u7he5r8hf (8)

これも時々見かけました。線路から津波の時に逃げる階段。

久慈からはK268を小袖海岸方面へ。

u7he5r8hf (9)

つりがね洞。

u7he5r8hf (10)

道はかなり狭いですが、風光明媚な海岸線です。

u7he5r8hf (11)

北限海女の里に到着したのは7:20。

u7he5r8hf (12)

あまちゃんの世界ですな。

u7he5r8hf (13)

あの堤防も・・・見覚えがあります。

u7he5r8hf (14)

朝早いので施設は何もやってないし、次の目的地へ向かうため、来た道を戻ります。

u7he5r8hf (15)

結構狭いので、ゆっくり進みます。ここからは龍泉洞に向かうため、三陸道を使用。

岩泉龍泉洞ICまで一気に進み、そこからはR455を西へ。

u7he5r8hf (16)

このR455がめっちゃ気持ちイイ道。

u7he5r8hf (17)

昔走ったのはXLR250Rだから、速度が乗ると逆にあまり快適ではないわけですが、FZ750だとスムーズでいいね。

u7he5r8hf (18)

龍泉洞到着は8:35。30数年ぶりですわ。

ここでオーバーパンツは脱いで、ジャケットの中も脱いで身を軽くします。

u7he5r8hf (19)

この2択は当然コウモリコース。でもきっとコウモリはいないんだけどね。

u7he5r8hf (20)

では、いざ参らん!

u7he5r8hf (21)

割と最初の段階で分かれ道。

u7he5r8hf (22)

で、コウモリコースを選択。

u7he5r8hf (23)

まぁこんな感じですわ。

u7he5r8hf (24)

なんか、デビルマンの世界みたいっすね。

u7he5r8hf (25)

地底湖。

u7he5r8hf (26)

全部は紹介しきれないので、この辺で。

u7he5r8hf (27)

思ったより距離が短かったなぁ。キレイだけど、あぶくま洞の方が長かったような・・・。

ここからはまず来た道を折り返して、岩泉龍泉洞ICに戻ります。

u7he5r8hf (28)

そしてまた高速で宮古北ICへ。そこから浄土ヶ浜までは数分でしょうか。

u7he5r8hf (29)

何か立派なビジターセンターが出来ていて、そこに誘導されました。

u7he5r8hf (30)

到着は9:58。ここでトイレ休憩して、浜辺に向かいます。

昔は浜辺まで降りられて、バイクと一緒に撮影できたように覚えているんだけどなぁ。

u7he5r8hf (31)

下に降りると、青の洞窟ツアーの船が行き来してます。1,500円でこんな感じのが見られるようですが、ワタシはパス。

b954trbkt.jpg
(ネットから拾ってきました)

左手にずっと進むと、ようやく浄土ヶ浜が見えてきました。

u7he5r8hf (32)

やはり車が下まで通れるんですよね。

u7he5r8hf (33)

道路はあるものの、今は一般車両は通行規制していて、観光バス・タクシー・業者のクルマしか通さないようです。

ev7re9jbf.jpg

震災を機に再整備したんでしょうかね。そう言えば石廊崎もこんな感じになってましたので、まぁ、これも時代ですな。

u7he5r8hf (34)

かもめさんに餌を向けると、食べてくれるらしい。

ここはこれくらいにして、先に進みましょう。

(つづく)
テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク
2024年05月15日 (水) | Edit |
4/28の東北ツーリング。尻屋崎からの続きです。

btp478evcd (1)

K248→R394とつないで、ここからは三沢に向かいます。

btp478evcd (2)

小川原湖のあたりはちょっと風が強く、バイクも流される感じ。もともと今日はお昼は強風の予報でしたが、大間崎も尻屋崎もほぼ無風。助かりました。

そんでもって、三沢では航空科学館の屋外展示が見たかったので、最終入場の16:00までに着かないといけません。なので、ここはできるだけ急いで進みました。

btp478evcd (3)

三沢航空科学館には15:45着。ナビの計算では16:00をちょっと過ぎる感じでしたが、流石バイクは早いっす。

で、まずは屋外展示の場所を確認したら、どうも入館しなくても屋外展示は見られるらしい。

btp478evcd (4)

入館料が浮いてラッキーと思っていたのですが、周りを見ると一般車も停車している。どういうこと? と思って確認したら、

btp478evcd (5)

第一駐車場からぐるっと回って臨時駐車場に来ると、そばにバイクが止められるらしい。

これはラッキー! ではまずは16:00までに機内撮影をやってしまいましょう。

まずはUP-3A。

btp478evcd (6)

この機体は中に入れます。

btp478evcd (8)

でもコックピットは座れません。

btp478evcd (7)

次にT-2。ブルーインパルスがかつて乗っていたヤツですな。
(すんません、F-104Jの間違いです。)

btp478evcd (9)

これにはコックピットに座ることができます。

btp478evcd (10)

早速トライ!

btp478evcd (11)

乗り方は白いプレートに書いてあります。

btp478evcd (12)

もはや頭の中ではトップガン・アンセムが流れておりまする。



いちおう記念撮影して娘に送ります。

btp478evcd (13)

早速娘から「飛行機はカッコイイ」とリプがwww

この後はバイクを押して飛行機に寄せ、記念撮影。

btp478evcd (14)

閉館1時間前の閑散な状況だからできるのよ。

btp478evcd (15)
(こっちがT-2です)

re9514brbr.jpg
(そしてこっちがT-2のブルーインパルス仕様)

ただ、押して歩くのはそれなりに暑い!

btp478evcd (16)

そんでもって、F-4は別のひこうき広場にあるので、第三駐車場に乗って移動したら、係員の方に呼び止められまして、

「駐車場間の移動は一方通行なので、逆走です」

とご指導を頂く。浮かれていたので気づきませんでしたが、

btp478evcd (18)

ちゃんと書いてあるじゃん!

これはハズイ。丁寧にお詫びしたところ、

「16:00過ぎてるのでコックピットは閉めちゃいますが、17:00までは外からご覧になれます。どちらからいらしたんですか?」

と聞かれたので、ちょっとだけお話させて頂きました。ありがとうございました。

btp478evcd (17)

ファントムも見て納得したので、ではホテルに向かいましょう。

ここからはR338→K19で八戸に向かうわけですが、途中でとんでもないものが!

btp478evcd (19)

なぜにガンダム???

btp478evcd (20)

しかもアカツキ!

btp478evcd (21)

この床屋のガンダム、巷では結構有名な場所だったようですが、ワシャ全く知らんかった。

(ちなみにこっちは認識ありましたが、今回は寄らずです)

そんなこんなで、

btp478evcd (22)

八戸にたどり着き、

btp478evcd (23)

ホテルには17:14着。今日は早めに終了です。本日のお宿はスーパーホテル八戸。入口の障碍者用駐車場にはバイクが4台で他に停められそうな場所は無い。フロントで確認したところ

「バイク用の駐車場は無いので、4輪用の区画に停めてください」

とのこと。

btp478evcd (24)

追突されると嫌なので、これはあまり嬉しくは無いけど、まぁ致し方ありません。

btp478evcd (25)

お値段は9,200円。お部屋はこんな感じ。

とりあえず荷物を置いて着替えたら、まだ早いので周りをちょっと散策しましょう。

このエリアには実はスーパーホテルが二か所ありまして、すぐそばにあるのはスーパーホテル八戸長横町。

btp478evcd (26)

こちらは前にちょっとスペースはあるものの、ここに駐輪はしないようになっているみたいですね。この2つは位置関係的には

reg9845rgreg.jpg

こんな感じなんですが、八戸の方が屋外駐車に対して、長横町は

btp478evcd (27)

契約のパーキングが隣接しています。たぶんバイクもこっちに誘導されるのかな? 今回はgoogleマップを見て屋外駐車場なら止められないことはないと思って八戸の方を予約しましたが、長横町を予約する際には事前のTEL確認が必須ですね。

そんでもって、このさらに奥には飲み屋街。

btp478evcd (28)

もうね、皆さん出来上がっております!

btp478evcd (29)

海が近い町の夕方ってたいていこんな感じよ。皆さんいい調子。

btp478evcd (30)

こういう店も気になるけどなぁ。既に鶴岡でグルグルになってるから、飲みはミニマムにしないといけません。

btp478evcd (31)

これから御出勤のお姉さまでしょうか?

歩いてる最中もそういう姉ちゃんと何度もすれ違う。好きな人にはいい街ですなぁ。

一旦ホテルに帰って、まずはウェルカムドリンク。

btp478evcd (32)

種類は少ないけど、角瓶があるのはポイント高し。ここでちょっと引っかけての

btp478evcd (33)
(ホテルのHPからお借りしました)

風呂。何か今日は首が凝ったなぁ。よく揉んでおこう。ちなみに長堀町の方は大浴場がありません。これも重要なポイントですので、お忘れなきよう。

そして、今日の飯は、黒帯にならって町中華!

btp478evcd (34)

さっきの飲み屋街にあった、八福飯店さん。

食べログには「飲み物が安い」と書いてあったんですが、実際来てみたらそうでもなかった。

まずはルービー。

btp478evcd (35)

気道確保からの洗浄!

rg90ihrth15rt.jpg
(©BS-TBS)

その後は野菜餃子。これ300円くらいでめっちゃ安かった。

btp478evcd (36)

ニンニククサクサでもないのが、ロンツー中だと嬉しい。ヘルメットの中でクサイからねぇ。

btp478evcd (37)

そしてメインは五目あんかけ焼きそばなんですが、これが全然来ない。。。。

30分たっても来ないので、店員さんに確認したら、忘れられていたらしい( ノД`)シクシク…

確認したらすぐ出てきました。

btp478evcd (38)

なんかオレが作る焼きそばくらいアンが少ないな、これ。まぁアンが少ない方が減塩でいいんだけどね。

btp478evcd (39)

味は悪くないっすね。特別美味いってわけでも無いけど。

btp478evcd (40)

そしてなぜかエビはしょっぱかった。この3品で1600円くらいなので、安いちゃー安い。

ちょっと待たされたけど、こっちも明日のルートの見直しをスマホ見ながらずっと考えていたので、あまり気にはしていなかった。でも会計時には店員さんに大変恐縮されて、かえって申し訳ない感じ。

住所:青森県八戸市鷹匠小路5-3


btp478evcd (41)

ホテルに戻ったら、もう一回ウェルカムドリンク。

btp478evcd (42)

今度はレモンサワー。まぁ蒸留酒なので問題無かろう。というか、ここで飲まんように帰り道のコンビニでつまみを買わんかったのに、やっぱりまたつまみ無しで飲んでしまうというのが、ワシのいかんところじゃ。

今日のルートはタイムライン的にこんな感じ。

rev2e5verve.jpg

google様の計測では379Km。メーター読みだと概ね390Kmくらいっすかね。

今日は高速道路未使用だし、中日ということでこのくらいがちょうどイイでしょう。

明日は東北を横断しつつ山岳道路を堪能するルートのはずだったんですが、さっきの中華屋で全面見直しを行ったので、さて、どうなりますか。。。
テーマ:中華料理
ジャンル:グルメ
2024年05月14日 (火) | Edit |
4/28の東北ツーリング。仏ヶ浦からの続きです。

rgvbydwe5834e (1)

気温は13℃。やはり下北の上の方はちと寒い。おまけに日も差してない。でもオーバーパンツを履くほどでもないので、今回は真冬装備は最後まで使わなくて済んだ模様。

rgvbydwe5834e (2)

でも折角だから大間崎は青空が欲しいな。

rgvbydwe5834e (3)

いよいよあの先っちょが大間かな?

rgvbydwe5834e (4)

そんな思いが通じたのか、大間に着いたら

rgvbydwe5834e (5)

急に晴れ間が!

kattana.jpg

大間到着は12:10。

rgvbydwe5834e (6)

ちょうどお昼時。まずはあのモニュメント前で撮影です。

rgvbydwe5834e (7)

こうやって見るとよく見えますが、実は

rgvbydwe5834e (8)

人がいっぱい。上の画像は消しゴムマジックで人を消してます💦

スゴい時代になったもんですわ。

rgvbydwe5834e (9)

本州最北端の碑も

rgvbydwe5834e (10)

全然人が途切れませんで。まぁこれはありのままUPします。

ちょうどお昼時なのでランチタイムですが、以前この大間ではこんなこともありまして。

なので、このエリアはちょっとパスしたい。そこでツーリングマップルで確認すると

rgvbydwe5834e (11)

ちょっと外れたところに大間のマグロ丼の店があるようなので、行ってみました。

rgvbydwe5834e (12)

その「すみよし食堂」に着いたんですけどね、どー見てもここ、

rgvbydwe5834e (13)

ラーメン屋というか、ただの食堂?

これ、そのまま入る? と悩んだものの、更に店を探すのも面倒。ここはツーリングマップルを信用して入ってみましょう。

でもね、

rgvbydwe5834e (14)

どー見てもこの店のイチオシはこれ。実際店内の客はラーメンか定食を食べている。メニューも

rgvbydwe5834e (15)

こ、これはぁ。。。

eh131wfjffvwe.jpg

なのか? 何かこのパターンは、以前「軍鶏ラーメンを食べに行ったらどう見ても親子丼が売りの店」に行った時を思い出します。

マグロ丼もあるにはあるが、

rgvbydwe5834e (16)

さすがに「ホントに大間のマグロですか?」なんて聞く度胸はありません。

でも初志貫徹! ここはマグロ丼をオーダー。切って出すだけなのに、結構時間がかかってます。もしかしてオーダーを受けてから買ってきてるのか? と思いつつ、暫く待つとようやくの着丼!

rgvbydwe5834e (17)

量はかつてのか〇め食堂のような茶碗飯ではなく、ちゃんと丼飯で十分。マグロの量も多いので、ガッツリ頂けます。

ただ、オール赤身だねぇ。映える中トロとかは一切なし。

rgvbydwe5834e (18)

かつてのか〇め食堂では、

「マグロは大間産じゃなくてインド洋です。今は捕れませんから。」

とはっきり言われるは、周りの客への扱いはぞんざいだわで、食べてる最中に全然いい気分がしなかったのだけど、ここではそういうことは一切ない。

肉厚でもっちりとした味わいの美味しい赤身のマグロ丼。赤身好きにはバッチリじゃないでしょうか。

ただ、このルックスはどう見ても

rgvbydwe5834e (20)

あえて言おう! レイのトウであると。

まぁ生の本マグロ丼が2,000円で食えるとは思っていませんし、中トロ入ってるけど南洋のマグロとどっちがいいですか?って話ですな。

出がけにクルマの下のネコちゃんにご挨拶。

rgvbydwe5834e (21)

住所:青森県下北郡大間町大間字上野20-1


さて、お腹も満ち足りた後は、R279はまなすラインを一気に尻屋崎に向かいます。

gejiorr45re.jpg
(google様からお借りしました)

行きたかったなぁ・・・活イカ備蓄センター。

大畑より先は、むつ科学技術館の前を抜けK266と最短コースを選択。

rgvbydwe5834e (22)

ここもかなりのハイペースで流せます。快適快適!

そんでもって尻屋崎灯台なんですが、ワタシは下の砂利道から見上げるのが好きなので

rgvbydwe5834e (23)

ちょっと海岸にゴミが多いのがイマイチですが、ここから見るのがいかにも最果てな感じで好きなんです。XLR250Rの時から、尻屋崎に来たら毎回ここを走ります。

tt84trhtrrt (3)
(タイヤはD903でしたね。ほぼエンデューロタイヤ。)

30年前も撮ってましたなぁ。その前のFZ400Rの時はたぶん下北には来ていないかも。津軽には行ったんですよ、岩木山スカイラインを登りましたから。前傾キツくて手首がしんどかった記憶があります。

rgvbydwe5834e (24)

尻屋崎に到着しましたが、何かおかしい。

rgvbydwe5834e (25)

前はここ、バイクで中まで入れたんですけどね。今はダメみたいなので、降りて撮影。

おかしいのはそれではなくて、

rgvbydwe5834e (26)

このエリアに寒立馬がいないのですよ。全然。周辺を走って探しましたが、

rgvbydwe5834e (27)

全くいない。これは残念! もちろん放牧していない時もあるんでしょうが、そんなタイミングで着いてしまったようです。

ちなみに前回来た時(2010年)はと言いますと、

t49u84eee.jpg

うじゃうじゃいたんです。目の前で生命の神秘を体感いたしましたので。

yeu4ef8eyfe.jpg

この時横で撮影していたカップルのお姉さんが

「あなたこれ私に見せて、何を期待してんの?」

とか言ってたのが忘れられませんですwww

ということで、帰ろうとしたところ、出口付近でようやく発見。

rgvbydwe5834e (28)

でもこの風景は普通の牧場と変わらんよ。

rgvbydwe5834e (29)

(つづく)
テーマ:ご当地グルメ
ジャンル:グルメ
2024年05月13日 (月) | Edit |
4/28。東北ツーリング3日目です。

この日は年に一度のFZ750箱根オフ会の日でもあるのですが、今回はこっちに来てしまっていますのでちょっと伺えず。

また、たまたまですがブロともさんとのマスツーリングのお誘いもあったのですが、今回は日程が合わず残念でした。

さらに、けんさんのNinja650能登オフ会の日でもありました。あちらも成功を祈りつつ、当初の今日の予定ですが、ザックリ言うと

①K46→K243を快適に流す
②仏ヶ浦に歩いて降りる
③大間崎で記念撮影
④下風呂で活きイカ
⑤尻屋崎で寒立馬
⑥三沢航空科学館→八戸泊

です。距離的にも400Km程度で、中日と言うことで多少緩めの設定。

しかし、実は昨晩の時点で④は無しになりました。というのも、やはりイカが不漁らしく、以前素通りしてしまってからずっと前から行きたかった下風呂の「活イカ備蓄センター」は

rg9ur54thhre.jpg

なんと漁獲量にばらつきがあり不安定なため休業中。

この「過去に採れていたモノが採れなくなる」というのは、実は当初の四国→九州ツーリング案でも見受けられたのよね。大分で関サバを食べたいと思ったら、どうも関サバ・関アジは近年漁獲量がだいぶ減ってしまい、提供できないお店が増えているらしい(もしくはバカ高いか)。

呼子のイカは食べられそうだったのですが、九州ツーリング自体がなくなったので、下風呂のイカには期待していたんですよ。

ま、無いものはしょうがない。この際、飯はどこでもいいので、腹が減ったら適当なところでツーリングマップル頼み。でも下北では一度ランチ難民になっているだけに、ちょっと慎重に考えないといけません。

ということで、今日はホテルでしっかりと朝飯を取ります。

このルートイン、風呂も部屋もまずまずですが、それ以上に朝食が6:00からというのがポイント高いです。

GWのみの特例のようですが、少しでも早く出たいライダーにはありがたい。

ということで、5:30に起床。といっても今回もやや寝不足。やっぱり夜中に何度か起きてしまった。

gh518thtie (1)

奥の山は八甲田山かな。今回は明日そっち方面に行く予定にしています。

gh518thtie (2)

天気もバッチリ・・・ですが、九州方面も晴れてますねぇ。やっぱりそのまま行けば良かったか?

後悔してもしょうがないっす。6:00になったら朝食会場に向かいますが、めっちゃ行列・・・

もっと前に並ぶべきでした。

gh518thtie (3)

正直ルートインの食事は可も不可もないというか、珍しいものやローカルなものは何も出てこないっす。ただお米は「青天の霹靂」っていう地元米らしいです。

gh518thtie (4)

昨日はルービーの小瓶のみだったので、体調もだいぶ回復しています。

gh518thtie (5)

食前のオレンジジュースと食後のコーヒーは必須。美味しく頂きました。

この後はさっさと用意して出発。

gh518thtie (6)

結局6:50に発車。やはり飯を食べると時間がかかりますな。

gh518thtie (7)

まずはR4を野辺地方面に向かいます。朝の装備は昨日と同じ。上のウルトラライトダウンジャケットは仏ヶ浦まで着る感じです。

気温は13℃くらいでしょうが、朝飯食べたので体が温かい。やっぱり朝のエネルギーチャージは大事ですなぁ。

gh518thtie (8)

さらば、青森市。ちなみに野辺地の駅前にはワタシのような「ルイルイのバス旅」ファンにとってはある意味聖地がありまして、

g874greregre.jpg

ちょっと行ってみたいな、とも思ったんですが、松浦食堂さんはもう閉店しちゃったんですよ。

なので、残念ですがパス。野辺地からはR279の旧道を進みます。コンビニでトイレ休憩&気管対策でのど飴を購入。

gh518thtie (9)

これでちょっと楽になったような気がします。熱は相変わらず無いのですが、毎日日差しが強いので顔が日焼けして暑い。走ってるときは感じませんけどね。

gh518thtie (10)

横を高速が横浜町まで通っているようで、だいぶ楽になったようですが、高速道路ってツーリング気分が出ないのであまり好きじゃない。今回は昔のツーリングルートをなぞる旅なので、できるだけ高速は使わないようにします。

gh518thtie (11)

横浜町で休憩。ここもよく撮影したポイントでした。

gh518thtie (12)

R279は結構空いてて、なかなかのハイペースで走れます。快調快調!

むつ市内で一旦給油。この先はまともなGSがしばらく無いですからね。予防措置です。

むつ市からはR338を川内町に進みますが、恐山方面に行く車の方が多いので、こっちは相変わらず空いています。

大湊航空基地の前でちょっと撮影タイム。

gh518thtie (13)

湾の奥には海自の拠点が見えますな。

gh518thtie (14)

このまま川内町まで海岸線を進み、

gh518thtie (15)

川内町からはK46を北進。これがまた気持ちのいい道なんです。

gh518thtie (16)

K46→K243と西進。川内湖周辺でちょっと停まってみます。

gh518thtie (17)

天気がいいのでダム湖もキレイです。

gh518thtie (18)

この後は一気に仏ヶ浦まで。

gh518thtie (19)

現着は10:00。ちょうど下から上がって来たライダーがいらしたので、帰りの登りは何分くらい? と聞くと

「40分って書いてあったけど、どうかな? 下で見る時間も入れて1時間くらいかな?」

とのこと。仏ヶ浦はこの駐車場から下に降りるのが結構キツくて、ワタシ自身皆さんには

「あれは上から降りて見るもんじゃない。遊覧船で行くのが一番」

と言っていたのですが、それには理由がありまして。

昔ここでワタシ、登ってくる途中でデジカメを失くしてしまい、真夏に皮パンツで2往復したことがあるんです。しかも結局カメラは見つからず。その時のしんどさが忘れられなくて、それ以来、

「ここは船が一番」

と申しておりました。

rgu8jr4erg.jpg
(2010年の画像。船はこんな感じ)

ですが、今回はあえて自分の足で往復します。でも

gh518thtie (20)

熊には出会いたくないですな。。。

gh518thtie (21)

なるほど、こんな感じですか。まぁゆっくり降りてみましょう。

gh518thtie (22)

最初はなだらかなんですが、すぐ

gh518thtie (23)

こうなります。ジジイ化して思うのは、実は登りより降りる方がキツい。在宅勤務で膝の力がかなり衰えてしまった。

でも一昨日の白山島神社のようなタマヒュンではないので、下りは楽に降りられます。

gh518thtie (24)

結局歩いてたのは12分くらいですね。景色を楽しみながら途中途中で立ち止まってそのくらい。やはり絶景ですわ。

ちなみに駐車場でまたジーンズに着替えています。登りは暑いのでワークマンパンツはムリ。

gh518thtie (25)

海がキレイですねぇ。これなら遊覧船でも良かったかも。でも往復3,000円だしねぇ。

海から眺める仏ヶ浦もいい景色ですけど、海面下にはウニとかサザエしかいなかったような。

今回も岩場のくぼみを見ると

gh518thtie (26)

ウニですな。

gh518thtie (27)

夏に来るとクソ暑いですが、今日くらいだと風も心地いいですなぁ。

gh518thtie (28)

船着き場の方に行ったらちょうど外人さんのグループがいて、シャッターを押してほしいと頼まれたので撮影したのですが、構図が気に入らなかったらしく、一緒にちょうどいいアングルを確認してほしいと言われ、

「この角度で撮って」

だそうですwww この辺が日本人には無い積極性ですなぁ。ちなみにたぶんアジアかインド系かな? 欧米人の英語は流暢すぎて聞き取れないことが多いワタシ。アジア人だと話が通じて有難いです。

gh518thtie (29)

遠くには津軽海峡フェリー。どうせGWウィーク中はマーヒーだし、函館に一泊してもよかったな。宿が取れるとは思えないけど。

では、帰りますか。

gh518thtie (30)

600m、登りましょう。

gh518thtie (31)

結局登りは途中撮影も休憩も無しで15分くらい。意外と早かったです。前に来た時は嫁曰く、

「山形県人は100m先の店でも車で行く。車の準備しているうちに歩けばもう着くのに。アホじゃないだろうか?」

というくらい歩かない山形県人でしたので、今の方が体力あるのかもね。

この時点で11:00。さっきのライダーも「だいたい1時間」と言ってたので、概ね1時間かければ結構ゆったりと見て回れます。

ここでまた着替えるのですが、この駐車場はとにかく虫が寄ってきてたまらん!

身体も暑いし着替えは後にして、とりあえずこの場を離れましょう。

gh518thtie (32)

さらば仏ヶ浦。ここでゆっくりお着換えタイム。路上でパンイチはちょっと恥ずかしい。
(でも駐車場も人目があるのでやっぱり恥ずかしい)

ここから先はどうも雲の中みたいで、気温もグッと下がってきます。

gh518thtie (33)

着替えて正解でしたね。そして喉が渇いてしょうがない。むつ市のGSで水分を買っておくべきだった。

しばらく走って磯谷まで来てようやくあった自販機。

gh518thtie (34)

その前の仏ヶ浦ドライブインで早めのランチでもよかったかなぁ。ホテルで朝飯食べたので、まだ早いなとパスしたけど、これが正解だったのか??

(つづく)
テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク
2024年05月12日 (日) | Edit |
4/27のツーリングのつづきです。

hhg7651eaw (27)

竜飛崎到着はちょうど16:00。やはりあと2時間早く回らないと、このルートで三内丸山遺跡にはたどり着けないですね。

ということは4:00くらい鶴岡を出ることになるので、これはワタシにはリームー。

やはり昨日秋田まで来ないと、これはこなせなかったですな。

課題も見えてきたところで、まずは岬の先っちょへ。

yd6e128gje (1)

モヤってますが、なんとか北海道が見えました。

yd6e128gje (2)

14年ぶりですが、あまり変わってない印象です。

この後はちょっと戻ってまずは階段国道へ。

yd6e128gje (3)

ちょっとだけ降りてみますが、本当にただの階段ですわ。前も来てるけど。

そして石川さゆりさんの歌碑。

yd6e128gje (4)

当然ボタンを押すと2番が流れます。

「ごらん、あれが竜飛岬 北のはずれと・・・」

青函連絡船の上から見てる歌ですからね。ここで眺めているわけではないのです。

では竜泊ラインも満喫したので、今夜の宿に参りましょう。

yd6e128gje (5)

宿に帰るだけならば、もう焦る必要はありません。なので、

yd6e128gje (6)

青函トンネル入り口広場に立ち寄ります。電車が来るようであれば、ちょっと待ってみようかなと。

yd6e128gje (7)

上りも下りもちょうど17:04頃にここを通過するようです。今は16:45。トイレ休憩でもして給水タイムでも取れば、間もなくやってくるでしょう。

yd6e128gje (8)

こっちが北海道側。そして線路の奥には撮影用のステージがあるので、そこに行ってみます。

yd6e128gje (9)

こりゃよく見えますね。大きなデジイチを持った鉄ヲタが2名。あとは家族連れが数名という感じ。

そして待っていると程なくしてまずは上り列車が。

yd6e128gje (10)

そしてその1分後には下り列車も。

yd6e128gje (11)

なかなかの迫力でした。では青森市へ向かいましょう。

yd6e128gje (12)

あまり暗くならないうちに着きたいところです。

yd6e128gje (13)

広場から青森までは1.5Hくらいでしょうか。市内に入るとまずはここをチェック。

yd6e128gje (14)

かつてのワタシの定宿。あおもり健康ランドです。ここは以前は24時間営業で予約も不要。何時についても受け入れてもらえたし、ヘルメット専用ロッカーもあった。温泉に入って大広間で飲んで食って、その後は大衆演劇を見てシアタールームで耳栓&アイマスクしてごろ寝する・・・というのが、いつものスタイルでした。

fpb514thrtr.jpg
(ネットの拾い物ですが、在りし日のレストラン)

今は昼夜を問わずレストランの営業は無し。宿泊は長期連休やねぶた祭りの時だけ、事前予約で対応しているようです。でもそれならホテル取っちゃいますよね。

是非昔の営業体制に戻ってもらいたいところですが、コロナ禍以降は大変なんでしょうな。健康ランドは各地で閉館しているので経営も難しいのかと思います。八戸もかつては新八温泉っていう健康ランドがあって、ワタシも宿泊で利用したことがありますが、こちらはもう閉館してしまいました。


それにしても、久々に青森に来て驚いたのは、青森市がめっちゃ都会になっていたってことですなぁ。

最後に来たのが2010年の夏。この時はまだ新幹線も開通していなくて、まぁまぁデカい地方都市だな・・・くらいの印象でしたが、今はもう都会ですよね、ここは。新幹線が北海道まで伸びたこともあるんでしょうな。この健康ランドの前の道路、クルマの量がメチャクチャ多かった。

この後は青森ベイブリッジでもわたりましょうか。

yd6e128gje (15)

振り返ればきれいな夕日です。

yd6e128gje (16)

埠頭公園の方に出てみましょう。

yd6e128gje (17)

奥には青函連絡船の八甲田丸が見えます。あの近くに寄ってみようと行ってみましたが、どうもバイクでは駅の裏までは行けても、そこから先は徒歩でしばらく歩かないと行けないようです。

yd6e128gje (18)

時間も18:30を過ぎたので、そろそろホテルに参りましょう。遅くなると駐輪スペースが厳しいかもしれないし。

ということで、本日のお宿は、ホテルルートイン青森中央さん。

yd6e128gje (19)

一旦はスーパーホテルさんを予約したのですが、流石にGWの休日。お値段なんと15,700円! 流石にそれは高いなぁと思ったところ、楽天経由でルートインを予約で10,300円と5,000円以上安い。しかも公式サイトでは禁煙が選べなかったのに、こっちでは禁煙が選べてしかもキャンセルポリシーもちょっとだけ緩かった。

それでも10,000円超は高いけど、急に予約したのでしかたありません。

yd6e128gje (20)

バイクは入口側に停めさせてもらいました。このホテルに限らず、毎回フロントの方に停めていい場所を確認してから停めています。あとで揉めたくないですから。

今回は事前の買い出しは無し。ここはホテル内に食事処が併設されているし、近所にファミレスでもあれば、そこでいいかなと思っていたので。

お部屋はこんな感じ。

yd6e128gje (21)

キレイです。そして窓を開けると

yd6e128gje (22)

目の前が丸亀製麺と、しゃぶしゃぶ温野菜、そしてよくわからないとんかつ屋みたい。

実はここに着くまでずっと

「カツ煮が食べたいから、かつやみたいなのがあるといいな・・・」

と思っていたのですが、違う店だけどここならカツ丼にありつけそう。なのであの店に行くことにしましょう。

そうと決まればまずはお風呂。

yd6e128gje (23)
(ホテルのHPからお借りしました)

ここのお風呂はあまり広くはないですね。でも必要にして十分。

で、お風呂のあとは食事。

yd6e128gje (24)

とんから亭 青森問屋町店」さんです。すかいらーく系のお店みたいですね。

メニューは今時のタブレット式。

yd6e128gje (25)

まずはルービー。

yd6e128gje (26)

寝不足で疲れてのルービーは効きますなぁ。そう言えば、持ってきてくれたグラスに氷が入っていてビックリ! あまりこのパターンは無いなと思ったのですが、後で調べたらこのお店、4/24にオープンしたばかりだったようです。

バイトさんも新人で、お酒を飲まない人だったのでしょう。まぁどんまい!って感じですな。

そして着丼!

yd6e128gje (27)

かつ丼と唐揚げのセット。とんから亭というくらいなので、このセットにしたのですが、唐揚げの味が濃かった。すかいらーく系ということはから好しと同じ味だと思うのですが、これは白飯が合いますね。

yd6e128gje (28)

カツ丼のアタマもカツ、出汁ともあまり好みではないタイプ。うーむ。こりゃおとなしくホテルの食事処を使った方が良かったかもね。

ただここ、無料でカレーをトッピングできるので、富士そばのカレーカツ丼みたいなのを手元で作ることができます。

これが好きな人にはポイント高いかも。ワタシは塩分カットのためしなかったけど。

住所:青森県青森市第二問屋町2丁目3-4 


昨日はくどき上手で撃沈したので、今日はこのルービー小瓶だけで終了です。

あとはもう一回風呂に入って、娘に頼みごとがあったのでLINE通話して、もう寝るだけ。

今日のルートはタイムライン的にこんな感じ。

yd6e128gje (29)

あれれ、なぜかトンネル広場から先の履歴がオカシイぞ。

yd6e128gje (30)

走行距離はgoogle様の計測では推定値475+63=538Km。メーター読みだとおよそ560Kmくらいでしょうか。

今回の行程では今日と4日目がややキツいんですよね。

明日は多少緩めの設定なので、翌朝はゆっくり朝ごはんを頂いてからの出発を予定しています。

相変わらず熱は無いですが気管の調子はイマイチ。山が霞んでいるので、黄砂はまだまだ出ているのでしょう。あとしばらくはダメかも。

テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク
2024年05月11日 (土) | Edit |
4/27のツーリングの続き。

鶴の舞橋に着いたところからになります。

hhg7651eaw (1)

現地到着は13:37。バイクは入口の側の専用のスペースに駐輪できます。

hhg7651eaw (2)

ここからは歩いて200mくらいですかねぇ。

hhg7651eaw (3)

一週間早かったら桜が満開だったと思います。この通路を先に進みますと、

hhg7651eaw (4)

対岸まで橋を渡ることができます。

hhg7651eaw (5)

岩木山がモヤってなければイイ感じなんですけどねぇ。しかもこの時間は逆光だし。

hhg7651eaw (6)

それでも春らしい清々しい陽気で、気分は上々です。

まだ先もあるので、折り返して駐輪場に戻ってバイクを見たら、

hhg7651eaw (7)

マフラーに何かついて溶けちゃったみたいで、これは落とすのがしんどそうです。

もう落ちないかもしれんねぇ。帰ったら対処法をググってみましょう。

hhg7651eaw (8)

では、鶴の舞橋を後にして、ここからは津軽半島をグルっと回ります。

ナビは当初K12を案内してくれたのですが、ワタシが走りたかったのはその一本西のメロンロード。なので、そっちにコース変更して、まずはベンゼ湿原方面へ。

hhg7651eaw (9)

ここも岩木山がよく見えるといい感じなんですけど、今日はアカンです。

hhg7651eaw (10)

メロンロードは空いてるのでかなりハイペースで進めます。ここで少しでも時間を稼いで、遅めのランチタイムはこちら。

hhg7651eaw (11)

元祖しじみラーメン 和歌山 本店」さん。到着は14:45。ここでは大きいしじみの特製ラーメンを頂きたかったのですが、

hhg7651eaw (12)

あいにくの売り切れ。残念! となれば、オーダーはノーマルのしじみラーメン一択。

hhg7651eaw (14)

いろいろメニューはありますが、それを食べに来ているわけですから。

卓上の調味料は

hhg7651eaw (13)

ここにもいますね。

gaban.jpg

やっぱりラーメンのコショウはこれに限ります。

さすがにこの時間なので、お客さんは3組くらい。着丼も早かったです。

hhg7651eaw (15)

やっぱこれっすよ。まずはスープから。

hhg7651eaw (16)

油分ゼロのしじみ汁。だがそれがいい。東京でも貝出汁系のラーメン屋はいっぱいありますが、結局このしじみスープが一番シンプルで美味いと思います。

hhg7651eaw (17)

麺は特に変わり映えしていないようで、やや不思議なツルツル感。これはこれで悪くない。このスープに合ってますね。

しじみは大好物なので、身は全部頂きます。しじみは身が小さくて多いのでメンドクサイという人もいますが、しじみは出汁も身も旨いですから、全部頂きます。

でもスープは飲まんのよ。飲むと怒られるから(^^ゞ

今回も大変美味しく頂きました。

hhg7651eaw (18)

しじみは量り売りしてくれるようです。さすがにこれはバイクでは買えませんけど。

hhg7651eaw (19)

出口にはこれがあったのですが、何の企画だったのでしょう?

住所:青森県五所川原市十三羽黒崎133-22


ここからはK12→R339と繋いで、竜飛崎を目指します。

hhg7651eaw (20)

この風景は何だかノシャップ岬のあたりを思い出させますな。最果てな感じですよ。

hhg7651eaw (21)

いよいよ竜泊ラインの一番のポイントに進みます。

hhg7651eaw (22)

ここから山を駆け上がっていくのは、たまらんですなぁ。

hhg7651eaw (23)

しかも晴天、言うこと無いです。

hhg7651eaw (24)

前回来た時は2010年かな、雲の中だったと思います。今回はバッチリ!

眺瞰台では来た道を振り返り、

hhg7651eaw (25)

そしてこれから行く竜飛崎を望みます。

hhg7651eaw (26)

そしてついに

hhg7651eaw (27)

竜飛崎にたどり着きました。

(つづく)
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
2024年05月10日 (金) | Edit |
4/27。

まず最初に申し上げたいのは、

eh131wfjffvwe.jpg

完全にクールポコ状態であるということ。

夜中の2:40くらいに目が覚めて、それから朝までずっと

「気持ち悪くて寝れねぇ・・・」

まさにくどき上手にくどかれてしまったわけですな。

今日の行程は予定では

①男鹿半島でなまはげ像を撮影して入道崎へ向かう
②八森あたりでイカ焼きを食らう
③不老ふ死温泉で日本海を見ながら湯につかる
④鶴の舞橋を見学
⑤竜泊ラインを堪能し竜飛崎へ
⑥あわよくば三内丸山遺跡に夕方滑り込んでの青森泊

なのですが、めっちゃ調子悪くて走れる気がしねぇ。。。

とりあえず朝飯を食えるような体調でもないし、予定もカツカツだしで、無料朝食はパス。当然ですが、朝風呂もパス。

何か非常にもったいないことをしたなぁ。

thok5766jhm (1)

6:00前に出たかったのですが、不調で手際よく進まず、出発は6:13。

鶴岡ICから高速に乗って、まずは遊佐まで進みます。

thok5766jhm (2)

天気もパッとしませんなぁ。調子も悪く、空も晴れないと、気分が良くなっていく気がしません。

thok5766jhm (3)

しかも終点の一つ前で高速を降りるつもりが最後まで行ってしまうミスもしてしまったのですが、そのおかげで

thok5766jhm (4)

なかなかいいポイントで鳥海山とバイクの撮影ができました。これはラッキー!

ここからは下道で象潟まで進んで、道の駅ねむの丘でトイレ休憩。

thok5766jhm (5)

ここも昔はよく来ました。展望温泉が心地よかった。夏に秋田方面へのツーリングの帰りに寄ると、汗も流せてリフレッシュ出来ていいんですよ。

奥には海を見渡せる展望台があって、

thok5766jhm (6)

地元の方々がゴミ拾いしてました。ありがたいことです。

さて、天気も良くなってきて、体調も復活してきました。

ここからは頑張って走りましょう!

にかほからはまた高速で、昭和男鹿半島ICまで進みます。

途中の大平山PAでまたトイレ休憩。

thok5766jhm (7)

めっちゃ水分が出ますなぁ。昨日の酒か。

この道中、結構走行中画像も撮ったはずなんですが、あまり撮れていません。どうも新しいグローブのスマホ対応の部分がイマイチで、シャッターを押してもうまく押されていなかったようです。帰ってからわかったことですけど。

thok5766jhm (8)

ここからは男鹿半島の海側を走りながら、入道崎を目指しますが、まずはその前に、

thok5766jhm (9)

ようやくここに来ることができました。皆さんよく画像を載せてるので、ワタシも来てみたかったんです。巨大なまはげ像。

庄内にいた頃、朝庄内発で男鹿半島を回りながら不老ふ死温泉に入り津軽半島を一周するというのは時間的に難しく、ワタシはいつも温泉を選択していたので男鹿半島はパスしてたんですわ。

今回は男鹿半島を必須で行程を組んだので来ることができました。数十年ぶりの男鹿になります。

ちなみにこのあたりでの気温は18℃。下はワークマンパンツ。上は重ね着でオールシーズンジャケットなので、ほぼ冬の仕様です。

thok5766jhm (10)

ここからはR101→K59で半島を時計回りで走ります。

thok5766jhm (11)

途中でまたなまはげさんがいたので記念撮影。

thok5766jhm (12)

そう言えば、この辺にゴジラ岩があったはずだが、チェックし忘れてしまった。

そんでもって、このK59ですが、自分の予想よりめっちゃ良かったんですよ。

thok5766jhm (13)

昔、両親を男鹿温泉に連れて行ったことがあって、その時も逆回りですけどこの海岸線を回ったんですわ。その時を思い出しながら走りましたが、その時はこんなにいい景色だとは思ってなかったかもなぁ。

その時はクルマだったからかもしれませんね。

thok5766jhm (14)

バイクだと感じ方もだいぶ違いますから。

thok5766jhm (15)

ただこの道路、はっきり言って路面の状態は悪い。めっちゃ「チンさむロード」な場所があって、しかも一か所エゲツないくらい揺らされる。

手前に看板があって速度を抑えたので良かったけど、衝撃で手首をちょっとグネったよ。

あれはアカンなぁ。

ただ景色は最高。

thok5766jhm (16)

これはまた来てもいいなぁ。そんなこんなで景色を十分堪能しての、入道崎到着は9:50。

thok5766jhm (17)

この時点で

「三内丸山遺跡に最終入場の16:00に着くのはムリだなぁ」

と判断。せめてあと1時間早く出発できればなぁ。もしくは昨日の宿を秋田泊にしていれば。

とりあえず岬の先端に行ってみましょう。

thok5766jhm (18)

火サスとかで出てきそうな風景ですな。ここで両親と記念撮影したっけ。

この後はK55からR101に復帰。このR101がまたハイペースで走れる快適な道路で、結構気に入りました。

thok5766jhm (19)

男鹿に来ない人は基本的にR7か高速を使うので、空いてるんでしょうな。これはありがたいです。

thok5766jhm (20)

この頃にはだいぶ調子も良くなって、爆走モード。

ここまで飲まず食わずでしたので、三種町のコンビニで休憩タイム。

thok5766jhm (21)

またジャスミン茶とおにぎり。いやもうね、🍙は最高なのよ。

お手軽で美味い。そしてちょっとだけお腹に入れたい時にはちょうどいい。エネルギーをチャージして、キラきゅんのように

43gt9ug45hb6t4r.jpg

これでまた、ちゃんと戦えるwww

そして八森ではイカ焼きを物色するも、

thok5766jhm (22)

また1,000円の表示に納得がいかなくてパス。そう言えば昔は

rgrg551rghr.jpg
(2010年の画像)

こういうイカを干しているところをよく見かけたように思いますが、今回は全然ですな。

先に進みましょう。R101は景色は最高! 天気も晴れて気持ちイイですなぁ。

thok5766jhm (23)

ただ、やっぱりまだ黄砂は来てるのか? 山はモヤってるし、気管の調子もイマイチ。

thok5766jhm (24)

でもこの景色なら言うこと無いね。

thok5766jhm (25)

これで電車でも通ればもっとイイけど、ローカル線はなかなか本数が無いのよ。

thok5766jhm (26)

深浦でもイカを物色。でもまた1,000円。そんなに採れないのかなぁ、イカ。

thok5766jhm (27)

千畳敷。ここは見るだけでパス。ちなみに不老ふ死温泉も体調を考慮して今回はパス。

というか、夏だと温泉で汗を流す有難みがあるけど、この時期はたいして汗もかかないし、入ってもまた冷えてしまうので、あまり意味は無いかと。

そしてようやく鯵ヶ沢についたので、バイパスから外れて「わさおの店」があったあたり、通称焼きイカ通りを通ってみたのですが、

34gu3g7rgr.jpg
(撮り忘れたのでgoogle様から借りました)

なんかこんなに寂れた感じだっけ? まぁわさおが生きてるはずもなく、何だかなーという印象。

そこで、こんな時こそ役に立つツーリングマップルに載っていた「海の駅わんど」に行ってみた。

thok5766jhm (28)

あるじゃないかー!

thok5766jhm (29)

500円のイカが。イカ焼きってこのくらいの手軽なもんだよね。

さっそくおばちゃんにイカを下さいと言うと

「今から焼くから20分以上はかかるな。それでもいい?」

と言われて、流石にそれは無いなと思い、店内を物色。すると

thok5766jhm (30)

ツーリングマップルに載っていたひらめの漬け丼も気にはなりますが、せっかくここまで来たらランチは十三湖のしじみラーメンにしたいので、

thok5766jhm (31)

おっ! 生ガキがあるじゃないか。これを頂きましょう。しかも290円と良心的。
(でも後で画像をチェックしたら宮城産でしたね)

thok5766jhm (32)

こんなところで生ガキが食べられるとは思いませんでした。

thok5766jhm (33)

三崎港で食べたヤツよりは全然しょっぱくなかったので良かったです。美味かったぁ。

そして例のイカ焼き売り場に戻って

「おばちゃん、今だったら買える?」

と聞くと、既に焼き上がっていたようで、

thok5766jhm (34)

念願の500円の焼きイカを頂きます。マヨネーズは+50円。

thok5766jhm (35)

これはもう完全に

kattana.jpg

さすがツーリングマップル! 満足して次の目的地、鶴の舞橋へ向かいましょう。

thok5766jhm (36)

やっぱり北上すると気温も下がってきますね。でも日差しがある程度あるので、寒くはないかな。

thok5766jhm (37)

岩木山もモヤってますねぇ。これじゃ気管の調子も良くならんなぁ。

(つづく)
テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク
2024年05月09日 (木) | Edit |
4/26の夕方からの続きです。

rg45gherfdh (1)

加茂水族館と言えばやはりクラゲ。

rg45gherfdh (2)

エチゼンクラゲって一時期でっかいのが大量発生してたけど、今はその話を聞かなくなりましたなぁ。昔は季節外れに庄内浜を歩くと、デッカいエチゼンクラゲが打ち寄せられてたりしてたんですけど。

そんでもって、ここの最大の名物と言えばやはり

rg45gherfdh (3)

これっすね。今回は空いてたので、ゆっくり観ることができました。

rg45gherfdh (4)

これ、ホントにスゴいんですヨ。対象物が無いと大きさがわからないと思いますが、ワタシが立つと

rg45gherfdh (5)

こんな感じです。

そして上の画像にはピアノが見えると思いますが、

rg45gherfdh (6)

演奏会を定期的にやってるんですね。どんな素人がやってるのかと思いきや、

rg45gherfdh (7)

まさかの大野えりさん!



坂田明さん。

rg45gherfdh (9)



そして、

rg45gherfdh (8)

中本マリさんまで。



そんなのやってるんだったら、その日に合わせてここに来たいくらいだわ。

皆さんワタシが高校生くらいの時の人気ジャズアーティストですよ。

これは庄内人にとっても貴重な体験じゃないかと思います。

そして外に出ると、

rg45gherfdh (10)

ん? 嫁か? と思ったけど、そんなことを本人に言おうものなら

siva013.jpg
(嫁さんネタはあくまでファンタジーです)

裁きに合うでしょうwww

rg45gherfdh (11)

どっちかと言えば、オレがコレかもしれません。そして

rg45gherfdh (12)

ここにも恋人の聖地。あっちにもこっちにも愛だの恋だの。。。

そんな加茂水族館を後にして、ホテルに向かいます。でもその前に晩御飯用の親父ソロセットの買い出しです。

もともとの予定では、昼がへぎそばで夜は久々の「こやい」で塩中華でも食べようかと思っていましたが、昼にラーメンを食べてしまったので、流石に昼夜連チャンはキツイ。

ghr051eter.jpg
(こやいの塩中華。食べログからお借りしました)

それにちょっと疲れちゃったのと、やはり黄砂の影響か気管の調子がイマイチで、これからまだ先もあるから今日はゆっくりしようかなと。

まずはゲソ天をゲットしたいので、ヤマザワへ。

rg45gherfdh (13)

しかし、

rg45gherfdh (14)

無いのよ、ゲソ天。庄内人はもともとゲソ天を食べる習慣が無いので、あえて内陸系のヤマザワにしたのですが、ハズレでした。

次に向かったのは、

rg45gherfdh (15)

主婦の店PAL店。こっちは地元系スーパーで地魚の刺身を期待したのですが、それもやや空振り。

でも白身魚のにぎりがあったので、それは買っていきましょう。

この後は市内の中心地へ移動。

rg45gherfdh (16)

このムサシの看板の下にあるラーメンはくが。さん。ここのあさりラーメンがめっちゃ好きだったんですよ。

rgrek2bebe.jpg
(ネットの拾い物です)

最後にやってきたのは、

rg45gherfdh (17)

ホテルの最寄りのスーパー。コープこぴあ。ここは時間が遅くなると物がなくなるので、一番アテにしてなかったのですが、結果的には一番良かった。

それにしても、主婦の店もこぴあもクレカが使えない。コロナ禍で現金のみは今や珍しいな。ロピアみたいに激安ならともかく。ここは時間が止まってるのか?

そんなこんなで今日の宿泊地は、

rg45gherfdh (18)

スーパーホテル山形・鶴岡。ここは前にも泊ったことがありますが、バイクは初。お値段は6,900円。

rg45gherfdh (19)

バイクは軒先に停めさせてもらえました。でも3台くらいまでかな。それより多い場合は四輪車用の駐車場になります。

rg45gherfdh (20)

ここは新しいので快適なんですよ。しかも

rg45gherfdh (21)

すぐ前はコンビニ。なので食うもの・飲むものには困りません。

そしてリーサルウェポンがコレですわ。

rg45gherfdh (22)

無料のウェルカムバー。前に山形市のスーパーホテルでこれやってて感動したのですが、どこでもやってたのね。

知ってたら酒は買ってこなくてよかったな。

rg45gherfdh (23)

ソフトドリンク用のシロップもあるので、完璧ですよ。ただし使えるのは21:00までです。

それとこのホテルでは音楽をここで流していて、それがずっと奈美恵ちゃん。しかも割と初期の。



これがまた良くて、

「もっとTRY ME 違う明日の夢をあげるぅぅ~♪」

与えてもらいましょう! と、ちょっとのつもりがやや長居。


そしてこのホテルではプラカップではなく、

rg45gherfdh (24)

部屋のマグカップを持ってきて飲むように説明を受けました。これも環境にやさしいということですな。

しかしマグカップなだけに透明じゃないので、アルコールの分量がわかりにくく、つい濃くなってしまう。そして容量も大きいのでそれなりにガブ飲みでグルグル。いやー回るなぁ。

入浴前にこれはヤベェと思って部屋に戻ります。

rg45gherfdh (25)

TVも大型のディスプレイ。あまり見ないけどこれもありがたい。

そんでもってお風呂ですが、

rg45gherfdh (26)
(ホテルのHPからお借りしました)

ここの大浴場はキレイなんですよ。ホントに快適。

ということで、既にいい気分ですが、ここからが本日の宴でございますwww

今日の親父ソロセットのラインアップはこちら。

rg45gherfdh (27)

まずはルービー。

rg45gherfdh (28)

庄内と言えば白身の魚。ホントは刺身で探したかったのですが、ちょっと時間が遅かったようで、お寿司になりました。

rg45gherfdh (29)

そしてこぴあで見つけたこちら。

rg45gherfdh (30)

地元じゃないとまず食べられない「がさエビ」。

rg45gherfdh (31)

これがゲットできたので買ったのが、

rg45gherfdh (32)

亀の井酒造の純米吟醸、くどき上手。

こっちにいるとき飲み屋でこれを飲み過ぎて、翌日会社で

「いやー、昨日はくどき上手に口説かれすぎちゃったよ、デヘヘ・・・」

なんて、笑って二日酔いを誤魔化していたのを、久々に思い出してしまった。

rg45gherfdh (33)

この鶏とニンニクの焼き物も意外に美味かった。

rg45gherfdh (34)

ちょっと内陸のゲソ天とは違うけど、こぴあのゲソ天。これはこれで良し。

ということで食べ進み、飲み進み、この後はまたお風呂・・・のはずが、そのまま気絶するように爆睡。

本日のルートはタイムライン的にこんな感じ。

rgr8rg24re.jpg

google様的には468Km。メーター読みだと概ね490Kmくらいっすかね。

高速道路主体なので、そんなにしんどくないはずですが、やはり寝不足なのか黄砂なのか? 体調がイマイチなのかもしれません。

こんなんで明日から大丈夫なのか?
テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク
2024年05月08日 (水) | Edit |
4/26のツーリングのつづきです。

nuv5v547ge (1)

笹川流れは平日ということもあって、道路も空いてて快適。

nuv5v547ge (2)

美しい岩場と海岸線が続きます。

nuv5v547ge (3)

砂利の浜辺ってなかなか見ないですが、この辺とか新潟市の西の方の海岸線では結構あるんですよね。

nuv5v547ge (4)

ちょっと降りてみましょう。

nuv5v547ge (5)

この玉砂利に打ち寄せる波が引く音が好きなんですわ。

nuv5v547ge (6)

平日ならではの静かな波打ち際。いいもんですなぁ。

こういう珍しいところもあれば、

nuv5v547ge (7)

いわゆる砂浜もあるのが笹川流れの特徴です。

nuv5v547ge (8)

ツーリングで流すにはもってこいの道。

nuv5v547ge (9)

ではそろそろ先に進みましょう。

nuv5v547ge (10)

この後はR7を北上するのですが、ココから先は全くのノープラン。思いつくままに適当に立ち寄ります。

nuv5v547ge (11)

手元の温度計は23℃ですが、体感的にはもうちょっと低いかな。湿度も低く、過ごしやすいです。

まずはこちらに立ち寄り。

nuv5v547ge (12)

鼠ヶ関です。

nuv5v547ge (13)

マリンパーク鼠ヶ関。ここは夏は海水浴場になるので、嫁さんと娘と海水浴に来ましたが、ここ、すぐ深くなって足が付かなくなります。娘が小さい頃、抱っこしたまま泳いでたら、急に足が付かなくなって焦った思い出があるので、よく覚えています。

nuv5v547ge (14)

先っちょの灯台にも行ってみましょう。

ちなみにこの前の広場では例年いろいろなイベントがおこなわれるのですが、

th9rr5h1rt5hr.jpg

昔娘を連れて魚のつかみ取りに行ったら、ドンくさい娘は魚が取れず、ナマコを取って来たっけなぁ。

nuv5v547ge (15)

「恋する灯台」というキャッチは昔は無かったと思うんだよなぁ。

nuv5v547ge (16)

振り返るとマリンパークやマリーナが見渡せます。

そしてこの後はTVの旅番組でお馴染みの、

nuv5v547ge (17)

県境標もチェックして、次に向かうのは

nuv5v547ge (18)

小熊のプルーさん御用達の「道の駅あつみ しゃりん」です。

ここの定食はメッチャ美味しいのですが、流石にチャーシューメン大盛の後では入らないです。

でもこの時期ならではの孟宗汁があれば是非頂きたい。ところが、

nuv5v547ge (19)

売り切れかぁ。。。

maketa.jpg

孟宗竹が好きな方は、是非この時期に湯田川温泉にお泊り下さい。孟宗づくしが味わえます。

それとさらに追い打ちをかけたのが、

nuv5v547ge (20)

イカ焼きが1,000円???

近年はイカが不漁というのはよく聞く話ですが、1,000円出して食べる?

ワタシ的には500円、いいとこ700円ですねぇ。

サザエが500円なので、やっぱり物価高ではなくて、採れないんでしょうな。

奥の岩場もちょっと見てみましょう。

nuv5v547ge (21)

ここも娘とよく遊んだねぇ。懐かしいです。本人はもう覚えていないと思うけど。

nuv5v547ge (22)

では、先に進みましょう。次は由良へ。

nuv5v547ge (23)

ここは嫁さんと娘と3人でよく泳ぎに来ました。由良はファミリー向けなんですよ。湯の浜は若者向けって感じだったかな。

nuv5v547ge (24)

夏になるとファミリー客でいっぱいになる浜辺。今は静かです。

白山島にも行ってみます。

nuv5v547ge (25)

この辺は一昨年のツーリングでもちょっと来たと思います。

nuv5v547ge (26)

この釣り堀も、昔娘と来て「全然釣れないよ! パパ」と怒られたのを覚えています。

あの当時からずっと娘には何かにつけ怒られている気がします。でも一緒に遊んでくれる時もある、いい娘です。

で、ある意味本日のメインイベントがこの白山島神社。

nuv5v547ge (27)

一昨年来た時も、あまりにも坂が急で登るのはやめたのですが、

「次来る時にはもうここを登る気力がなくなっているかもしれない」

と思い、登ることにします。

nuv5v547ge (28)

これ、上に行けば行くほどとんでもない角度でして、体力的には問題無いのですが、単純に

「タマヒュン階段」

なのです。お好きな方は是非登ってみて下さい。

nuv5v547ge (29)

登り切れれば、お参りができます。

帰りもタマヒュンです。

nuv5v547ge (30)

足元が狭いので、ヘンな汗が出ましたわ💦

この後は、ワタシの好きな由良→湯の浜への海岸線ルート。

nuv5v547ge (31)

そしてその先には

nuv5v547ge (32)

加茂水族館。ここまで来てしかも平日でマーヒーとなれば、寄らないわけにはいかんでしょう。

nuv5v547ge (33)

暑いのでここではジーンズに履き替えます。ジジイ化に伴い駐車場でのパンイチも何のその。

着替えて看板を確認したら最終入場は16:00。今は15:57。急いて走って入場すると、係員の方が

「水族館は17:00までですが、売店は16:30までなので、アイスを食べるならお早めに」

とおっしゃるので、

nuv5v547ge (34)

クラゲソフトを頂きます。メロン&バニラで(゚д゚)ウマー

一息ついて、いざ水族館へ。

nuv5v547ge (35)

ウグイ。いわゆる「はや」ですね。親父がよく釣ってきて食べましたよ。

nuv5v547ge (36)

鮭の稚魚。こういうのも面白いですが、やはりここはクラゲ。

nuv5v547ge (37)

生育の展示とかは珍しいですよ。

nuv5v547ge (38)

虫眼鏡を持って自分で観ることができます。

nuv5v547ge (39)

でも皆さんが見たいのは、やっぱりアレですよね。

(つづく)
テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク
2024年05月07日 (火) | Edit |
今日からGW明けの方も多いと思いますが、これからしばらくの間、4/26-30で回った東北6県ツーリングのレポートを書いていこうと思います。

まず経緯と事前準備については、前回前々回の記事で書いてますので、そちらをお読みください。雨天の西行きを直前で捨てて、お日様を求める東北ツーリングに変更。はてさてどうなることやら?

なお、かなーり長いレポートになるので、週間マネー通信は暫くお休みになります。

では、初日の4/26から行ってみましょう!


4/26

いちおう出発前の予定では、

①10:30の開店を目指して由屋でへぎそば
②村上まで一気に移動して笹川流れ
③その後はノープランで流して早めに鶴岡泊

で、逆算して6:30くらいの出発を想定。あまり朝早いと寒いですからねぇ。特に関越道が。

でも前日から興奮しちゃったのか? あまりちゃんと寝られずに4:00前に目が覚めてしまった。

寝たか寝ないんだがワカンナイような感じで、5:30くらいまで布団でゴロゴロして、

ef3u83gre.jpg

荷物を積んで、やってきました駐輪場。

出発は6:35。ほぼ予定通り。とりあえず関越道に向かいますが、

「空腹だと寒いんだよな・・・」

ということで、基本朝飯は最近は食べないのですが、

fg54g4gee (2)

高速入り口前のコンビニで🍙とお茶を買って、養分補給。では参りましょう!

fg54g4gee (3)

出だしは20℃くらいっすかね。オールシーズンジャケットのインナー無し+ワークマンパンツで、まぁまぁちょうどイイ感じです。

ですが、徐々に寒くなり始めまして

「冷える前に着込もう!」

と寄居PAか駒寄PAだったと思うけど、一旦停車してトイレ+一枚重ね着。

fg54g4gee (4)


嫁さんは何を思ったのか、昨晩のおかずは「トムヤムクン」。結構本格的なヤツで激辛。できればツーリングの前日には食べたくない一品でしたが、

siva006.jpg
(嫁さんネタはあくまでファンタジーです)

定期的にトイレ休憩を取るように、たぶん呪いをかけたんだと思いますwww

fg54g4gee (5)

その後も天気は良好ですが、標高が上がるにつれて、また寒くなってきます。

fg54g4gee (6)

赤城高原SAで、また休憩。ここでウルトラライトダウンを着用。この時点で

「この冷えた状態で山を上がって、2人前以上の冷え冷えのへぎそばを胃袋に入れる選択肢は無いな」

とSAからの景色を眺めながら判断。

fg54g4gee (7)

この日は午後から魚沼スカイラインもようやく部分開通ということなので、へぎそばはまた今度。

初日から早速予定をちゃぶ台返しして、

「寒いなら生姜だ! 長岡で生姜ラーメンにしよう!」

と決定。一路長岡に向かうことにします。

fg54g4gee (8)

着込んだら寒さは問題無くなりましたが、まぁこんな日は温かいラーメンでしょう。

ココから先を新潟方向に走るのは実は数十年ぶりです。あまり新潟には足が向かないんですよねぇ。

fg54g4gee (9)

谷川岳でしょうか? ここもいずれゆっくり見にきたいですな。

fg54g4gee (10)

関越トンネル。初めて通ったのはFZ400Rだったかな。あまりにトンネルが長くて、途中で停まって撮影したのを覚えていますが、今考えると恐ろしい。

トンネルを抜ければ、そこは雪国・・・・ではなくて

fg54g4gee (11)

雪国だったところ。湯沢です。次のシーズンこそは滑りに行きたい!

しかし、こんなところにマンション買っても、冬以外何に使うのか? 以前かなり安売りしているように聞きましたが、今はどうなんでしょうね。

fg54g4gee (12)

前方に綺麗な雪山が見えるはずなんですが、霞んでほぼ写っていません。

たぶん黄砂なんですよ。

どうも昨日までは何ともなかったのに、走り始めたらちょっと痰がでるの。熱も無いし喉も痛くないので、自分では風邪じゃなくて黄砂のせいだと思うんですわ。いちおうマスクして乗ってますが、無いよりマシって感じですね。

fg54g4gee (13)

越後川口SAで、麺活前のトイレタイム。

ここは信濃川の絶景が見られます。

fg54g4gee (14)

そしてコレが売っていたので、ゲットしておきます。

fg54g4gee (15)

帰りは関越道は通りませんからね。でも荷物がパンパンなので一個だけ。

ここからは長岡南越路スマート ICで降りて、長岡市内へ。

fg54g4gee (16)

一気に26℃! ほとんど温度サイクル試験状態ですな、こりゃ。一気に汗だく状態。これだったらへぎそばでも良かった??

fg54g4gee (17)

信濃川をわたって、やって来たのは宮内駅。

u44587hhrthj.jpg

寂れたこの駅前にあるのが、

fg54g4gee (18)

青島食堂 宮内駅前店さん。たぶんここがいわゆる本店ですよね。初めてやってまいりました。

fg54g4gee (19)

到着は10:31。駐車場も完備で、車ならそこに置くのでしょうが、ワタシはバイクだし、まだ誰もいないので、

fg54g4gee (20)

駅前に停めちゃいました。

1番乗りのはずが、停車の間に2人抜かれたので、3番目。11:00開店なので、それまでお待ちします。

10:55くらいから入店開始。前のお二人が大盛を迷わずオーダーしていたので、ワタシもつられてオーダー。

fg54g4gee (21)

しかし、普通盛で170g、大盛250gはそれなりにヘビーです。大丈夫かしら・・・

後から来る客も、男性客は皆さんほぼ大盛なので、たぶんこれで正解なんだと思います。

fg54g4gee (22)

コショウはミルタイプ。実はこれあまり好きじゃない。たいてい出が悪いので。

そんでもって、第二ロットで着丼!

fg54g4gee (23)

青島チャーシュー大盛。1050円。

fg54g4gee (24)

いやもう美味そうっす。秋葉原のお店でしか食べたこと無いので、期待しちゃいます。

まずはスープですが、

fg54g4gee (25)

思いのほか生姜が来ない感じですね。美味いけど、もうちょっと生姜生姜しててもいいかなぁ。

スープ自体はとても美味しい。

fg54g4gee (26)

麺もいいですねぇ。このちょっと「くにゅっ」とする嚙み応えが楽しいです。

fg54g4gee (27)

チャーシューも旨いっすなぁ。そして量も多い。麺を食べきっても十分残っているので、ゆっくりチャーシューを味わえます。

スープは昔なら飲み干すところですが、それはかかりつけ医に怒られるので、

fg54g4gee (28)

美味しいけど残します。

平日と言うこともあり、あまり混んではいなかったけど、それでも開店時には10人以上並んでましたね。お昼時だともっと並ぶんでしょうなぁ。

住所:新潟県長岡市宮内3-5-3


お腹も満ち足りて、身体もポカポカ。インナーは全部脱いで、化繊の長Tにジャケットでここからは進みます。

fg54g4gee (29)

しかし、進むにつれて気温はますまず暑くなりまして、

fg54g4gee (30)

29℃。こりゃたまらん! と

fg54g4gee (31)

黒崎PAで緊急ピットイン。

fg54g4gee (32)

ジャケットのベンチレーションを開けます。30℃超えたら背中も開けますが、まだそれは我慢しましょう。

昨年の北海道ツーリングにて、ベンチレーションをフルオープンするとこのくらいの気温は十分耐えることがわかっていたので、今回はこのオールシーズンジャケットを選択。これは使えますなぁ。

但し、それは走行中の話。渋滞だとマジでクソ暑いです。

ここからは、笹川流れを目指して村上市まで高速を進みます。

fg54g4gee (33)

片側一車線だと、遅い車がいるとシンドイですが、今回はラッキーでした。

fg54g4gee (34)

これからは笹川流れに入ります。時間は12:55。かなり今日は余裕がありますな。

というか、宿泊先は秋田くらいでもよかったのかも。

fg54g4gee (35)

これからこの海岸線を北に進んでいきます。

fg54g4gee (36)

ここも東京に転勤してからずっと来てなかったもんねぇ。懐かしいです。

fg54g4gee (37)

では参りましょう!

(つづく)
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
2024年05月06日 (月) | Edit |
世の中一般的には今日5/6がGW最終日ですね。皆さんいろいろ遊んで満足されたでしょうか?

さて、今日の記事は4/25。

昨日の午後からプランBを検討しているのですが、結論としては、

「行くぜ東北!」

ではないかと。

rg984ghtwq.jpg

ただ、問題は気候。といっても晴れるかどうかではない。寒暖の差です。出発地点の関東の天気は

t854ikhldf.jpg

熱中症の注意喚起が出ているほどに暑くなる。実際今日の東京は

85g9g8uerer.jpg

現在のワタシの部屋の温度は27℃! クソ暑い!

一方でこの時期の東北は住んでただけによくわかるけど、特に朝はめちゃくちゃ寒い。これが北上すれば尚更で、先っちょの大間崎なんて

487351rere.jpg

朝は冬装備じゃないと夏でもクソ寒いR279を走れる気がしない。そして日中は強風。これはちょっとたまらん。下北までは北上できんかもしれんなぁ。

とりあえず泊るところがあるかがまず問題ですが、それと同じくらいに服装が悩ましい。

今日は仕事そっちのけで行程と装備を検討します。

そんな今日のランチは、表題の通り「棒ラーメンで焼きラーメン」。

0guregi85rthr (1)

具は豚肉、もやし、キャベツ、ニラ、ネギのみ。味付けは付属スープ+ニンニク。トッピングは生姜。

かなり「クサーイ」一品に仕上げました。

0guregi85rthr (2)

これ、なかなか美味しいですよ! にんにくはすりおろしを入れた方が良かったかも。


そんでもって明日から旅立つ予定を無理矢理組んでみました。

4/30-5/2はあまり天気も良くないので、4/26-30の5日で設定。もともと4/26は徳島行きのフェリーが取れなかった時点で最悪は自走することも考え、休暇を申請しておりました。これが結果オーライですな。ザックリのプランは

1日目:関越で北上→へぎそば食べて庄内泊
2日目:男鹿半島→不老ふ死温泉からの竜飛岬で青森泊
3日目:下北半島一周で活きイカ食べて八戸泊
4日目:十和田から藤七温泉からの鳥海山で山形泊
5日目:雨の中東北道→とら食堂に寄って帰宅

です。4日目がややキツいですが、その分5日目は移動だけ(雨予報だけど)。意外と直前でも宿は取れるもんですね。値段はともかくとして。

今まではそのバカ高い宿泊費を払いたくなくて連休のツーリングはしなかったのですが、ジジイ化に伴い「もう後が無い」と思うようになりました。

ただ、行程は天候やその時に気分で変わるので、あくまでこれは暫定案でございます。泊る所だけは変わらないですけどね。ほとんどのホテルがラスイチ部屋でしたし。


それと装備ですが、基本的には昨年の北海道ツーリングの経験がここで生きてくるかなと。

北海道は6月下旬に訪問しましたが、ザックリ本州の2か月前の装備を想定。つまりそれって本州では4月下旬なので、あの時の装備がGWでも使えると想定。

ただ、今回は最低気温が10℃くらいになることがわかっている。前回の北海道では襟裳岬に向かった時の黄金道路が最終的には12℃くらいの気温で、しかも曇ってて日が差さなかったので正直かなり寒かった。

なので、今回は寒さ対策をちょっと強化しました。■は北海道の時には無しで、今回追加・変更したものです。

①ミドルフィールドバッグ
□カッパ
□ジーンズ
□膝パッド
□タランチュラグローブ(雨用)
□ブーツカバー
□ライトスリッポン(ワークマンの靴)
■スタンドプレート
□オールシーズンジャケットのインナージャケット
■オーバーパンツ
□下着4日分
□木綿系の長T
■ヒートテック長T
□巻き巻き(アメニティーポーチ)
□ジャージ(下のみ)
□タオル(温泉用)
□電気小物(イヤホン、USBケーブル、充電器)
□レジ袋(LL、100均のもの)
□5日分の処方薬

②タンクバッグ
□近視用メガネ(夜間走行用)
■手袋(冬用と3シーズン用)
□ネックウォーマー
□ストームシールドストレッチブルゾン
□帽子
□ティッシュ
□手提げ兼ナップサック(100均)
□小さなポーチ(会社スマホやガム・のど飴などを入れてます)
□ツーリングマップル
□スマホスタンド(100均)
□アルコール系ウェットティッシュ(100均)

今回の一番の変更は冬装備の強化ですかね。ちょっとToo Muchな気もしますが、下北半島は夏でも寒いっすからねぇ。バッグに入るならガッツリ持ってきます。ただこれだと5日目がかなり高温だった場合が大変。基本の服装が

・上:化繊の長T+オールシーズンジャケット
・下:秋冬用のワークマンパンツ

と冬寄りなので、特に雨で高温だとヤバい。下はジーンズに着替えて+膝パッドにカッパでいいとして、上はかなりムレそう。

それもあって、最終日は移動だけで行程を想定しています。予報ではGW前半は熱中症もありえる高温らしいですからね。


さて、どーなりますか。

そんでもって、今週は金曜日不在なので、毎度のヤツは今日の追記にて。

[READ MORE...]
テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用
2024年05月05日 (日) | Edit |
4/24。

今日も雨ですなぁ。ズドーンと暗いです。

既に前の記事でお知らせしてますが、この日はブログのカテゴリを少し見直ししました。

rg9864hthr.jpg

東京に来てからの「バイクでお泊りツーリング」をまとめてみたのですが、あらためて見ると、行き先が偏ってますなぁ。

最初の頃は信州偏重。やはり志賀草津道路と万座温泉、上高地にハマったんですなぁ。

2014-15年あたりは北関東単身赴任時代なので、週末の移動だけで疲れてしまい、お泊りは無し。

2015年は父が亡くなったのと、東京にまた異動して仕事がガラッと変わって心の余裕がなかったのか? 2017年までまたしてもお泊り無し。

ようやく2018年あたりからボチボチ再開したけど、2020-2021年はコロナ禍でお休み。

2022年からまた復活。北海道は別格として、能登は素晴らしかったですね。震災で今は奥能登に行けませんが、いずれまたお邪魔したいと思います。

お泊りツーリングは、もともと「お金もないし年1回行ければいいや」と思っていたのですが、最近はちょっと増加傾向です。

今年は何回行けるかしら?

それと、やっぱりエリアを見直したいですね。今年は静岡から西、東海地方や紀伊半島方面とかに足を延ばしたいですな。

そんなこの日のランチ、もともとは皿台湾を予定していたのですが、昨晩がカレーだったので

「あまり辛い物は食べたくないな」

ということで、ニラもやしラーメンにします。

ただ問題は「醤油ラーメンのスープが無い!」。

正確にはあるにはあったんですが、昨年8月のロット。さすがに古すぎるということで、これは廃棄。

最近は麺しか買ってなかったので、スープの在庫が無くなってました。

ではどーする? で、これです。



この手のラーメンは具の味がスープに出て旨くなるので、ベースは薄っぺらくても良い。

具はもやし、ニラ、なると、豚バラのみ。麺は業スーの生麺。スープは上記準拠ですが、最終的にはちょいと豆板醤を足して、黒胡椒で化粧してごま油を投入、最後に酒溶き片栗粉であんかけにする感じになります。

で、完成の図ですが

u5764trthrt (1)

ちょっとスープをケチり過ぎましたかな💦

どうせ全残しなのでまぁいいんですけど。

u5764trthrt (2)

久々のニラもやしラーメンはうまいっす。でもちょっと味薄すぎたかもなぁ。

そして午後はGWのツーリングについての決断をしないといかんのですが、

gg09u544thtr.jpg

無念ですが四国→九州プランは中止します。そもそも今回は東九フェリーの予約で大失敗しまして、

gk445tte (2)

もともと4/26の夜出発の予定で先に宿を早割りで抑えたら、まさかの4/26は休航日!

でもって4/27のフェリー発で日程を組み直したものの、

gk445tte (1)

在宅勤務にも関わらず、まさかの朝9時のチケット戦争に敗れ、やむなく自走プランに変更するなど、迷走に迷走。

それで最後は「行程の2/3は雨」って言われたら、もう心折れました。。。

ということで、1月から検討してきた四国→九州プランはキャンセル。まぁ縁が無かったのよ。

せっかくコロったりしないように4月にライブは全く入れなかったのに。こうなるんだったら行きたいライブもあったのだが。

maketa.jpg

※これでこの記事がUPされる頃には予報が全然違ってたら、たまらんのぅ。そういうのもあるあるですよねぇ。

ホテルの予約をキャンセルしながら、

「何だか昨年の北海道に行く前にコロッた時を思い出すなぁ」

と、情けなくなりましたわ。

それにしてもこの東九フェリー、よくよく調べたら大型連休は基本休航になるらしく、こんなにハードルが高いとは思わなんだ。

gk445tte (3)

戸田さんmokemoさんが利用してたので、楽勝で取れると思ったら、エラい目に合いました。

bnib78rttrw8e (25)

せっかく前々からリアカウルも養生テープ貼って準備してたのになぁ。

kuso.jpg

さっさと気持ちを切り替えて、プランBを検討しましょ。

テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用
2024年05月04日 (土) | Edit |
4/24。

この日は定例の出勤。いつも電車で

haragahetta.jpg

となるので、今日は軽く茶碗1杯白飯を食べてきたのですが、最近は朝食べないもんだから、昼になっても全然腹減らず。

でもこの日はスケジュール的に遅めのランチもできなそうなので、そーなるとやっぱり

95gfe74tfewi (1)

箱そばですよ! オーダーも当然

95gfe74tfewi (2)

かき揚げそば一択!

95gfe74tfewi (3)

やっぱり箱そばは美味い。これで朝そばを11:00までやってくれればよいのですが、

th84h44e.jpg
(元ネタはこちら

どうも朝そばにはネガティブなのか、またも値上げで時間の前倒しは無し。

これは残念。

とは言え、やっぱりこのかき揚げは最高でして

95gfe74tfewi (4)

結局また食べてしまうのだが。

住所:江東区豊洲5-5-1-202 豊洲シエルタワー 1F


この後は、いかりちゃんの演説でもやってないかなぁ・・・とあたりをチェックしてみたのですが、

95gfe74tfewi (5)

他の候補者も含めてその気配はなし。

今回の東京15区の選挙では、各候補とも街頭演説のスケジュールを事前に出さなくなりましたので、スケジュールを見て出社するのも難しいのですよ。というのも、その原因は

95gfe74tfewi (6)

つばさの党が他党の街頭演説に乱入して妨害するというのが常態化してしまって、各候補とも予定を公開できなくなってしまいました。

これはやめてほしいですねぇ。候補者自身が他の候補者を直接妨害するというのは、今の制度では想定していないというの法律の穴を攻めたやり方ですが、これはアカンです。




そして午後は仕事しながらも気になるのはGWの天気。

rgu9rege1febfe.jpg

GW前半はやはり西日本はアカンらしい。

夜はこれを見て泣く。



アニキ・・・
テーマ:うどん・そば
ジャンル:グルメ
2024年05月03日 (金) | Edit |
4/21。

この日は午前中は前日の茨城ツーリングのブログを書いて、お昼は嫁さんのナポリタンを有難く頂く。

午後は娘とゴーモンタイム。

orhg78h21r6r (1)

やはり月一ではしょうがないですが、毎回怖いそうです。困ったもんです。

そんなゴーモンをクリアした娘には、御褒美にこちらを用意しました。

orhg78h21r6r (2)

前日のジョブチューンでやってたこちら。

rg9865hrth.png

娘用は「ふわ濃チーズケーキ」。ワタシは「どらもっちショコラ」。今日はまずどらもっちの方を半分こして頂きます。

orhg78h21r6r (3)

このどらもっちショコラ、どらもっちファンであるシェ・シバタの柴田さんがNG判定したのですが、ワタシもどっちかというとNGかも。

orhg78h21r6r (4)

これ、お菓子としてはたしかにめっちゃ美味いんだけど、チョコチップがボリボリしすぎて、どらもっちの「もっち」の印象が薄くなってしまいます。これならどらもっちでやらんでもいいよ。

ということで、チョコチップをなくすか減らして、その分チョコクリームを濃厚にしてほしかったかな。


4/22。

雨の月曜日。朝から中央線は電事故。しかしワタシは在宅勤務なのでセーフ・・・ですが、気分はズドーンと暗いです。

まずは毎度のファクトファインディングですが、驚愕の結果が!

orhg78h21r6r (1)

なんじゃこの日曜の体重は! 

eh131wfjffvwe.jpg

完全なクールポコ状態です。まぁハム焼食べて焼肉冷やし食べて、夜は金目鯛の刺身でルービーでは、そりゃデブるわな。

ということで、今日はコンニャク。今回は先日お話したコレをやります!



本来のレシピでは中華麺を使用しますが、ワタシは糸こんにゃくを使います。さて、上手くいくかどうか?

昼前に毎月のかかりつけ医に行くので、帰りにニラを買ってきました。

こんにゃくは昨日のゴーモンタイムで買っていたので、まずはこんにゃくを炒ります。

orhg78h21r6r (5)

多少炒って水分を抜いて、その上でスープと煮たら美味くなるんじゃないかと思いまして。

orhg78h21r6r (6)

炒った後は150g。これに30gのマロニーを足して、食べ応えを出していきます。

orhg78h21r6r (7)

味付けはハイミーがないので、ここはガラスープを使用して、その分醤油を減らします。

レシピを見る限り豆板醤味のスープっていう感じなんですが、これがマジで辛麺みたいになります。やはりニンニクの旨みって強力なのね!

そんでもって、最後にニラと卵をかけて完成なんですが、

orhg78h21r6r (8)

結論から言うと、今回も失敗でした(´;ω;`)ウッ…

まずマロニーはスープで煮ちゃったのですが、そうするとスープを吸ってしまってスープ量が足りなくなります。たぶんこんにゃくもちょっと吸ってしまったのかな。その分水を足したので、全般的に味が薄くなってしまい、何だかなーという仕上がりに。

途中までのスープはメチャ旨だっただけに、これはもう100%自分のせいですわ。リュウジさんのレシピには何の問題もありません。

orhg78h21r6r (9)

そして糸こんにゃくはどうやってもやっぱりこんにゃくですわ。

マズイ。

これまで幾度となく失敗してきたこんにゃく麺。今回もまた負けました。

maketa.jpg

食べ終わった後は、めちゃくちゃ膨満感。



まぁ今日は飯のことはどうでもいいのです。それより問題は何となく目に入ったコチラのポスト。

43t08487433.jpg
(元ネタはこちら

なぬ? と思って週間天気予報を確認したら

48rgrgr.jpg

無いわー! 今年のGWは四国→九州方面のロングロングツーリングをいろいろ準備していたのですが、最後の最後で天気がアカンかぁ。

今更ながら天気予報を確認すると、

nvfuy4345r3l (1)

北海道を除くと、まずまずなのは東北と北陸。能登はけんさんがNinja650のオフ会を企画されていましたが、羽咋より上には行けそうにないのと、能登より西行きはやはり天気が期待できないので、ロンツーが組みにくい。

nvfuy4345r3l (2)

東海より西は来週はどこもリームーな予報。

雨を気にしていたらロングツーリングはムリなわけですが、だからと言ってバイクで雨ばかりになるとわかっていては、走る気力もナッシング。

コレで車でも買い替えていたら、車で回ろうか? とかいう気持ちにもなるのだが、古タイヤのソリオではなぁ。ロングドライブでバーストとか勘弁だし。

最終判断は4/24水曜日の午後かな。好転を期待してもうちょっとひっぱってみますか。

テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用
2024年05月02日 (木) | Edit |
4/20の茨城ツーリングの続きです。

hvd574yghrw (29)

ハム焼を堪能しネモフィラ見物も終わったので、そそくさとひたち海浜公園を後にしようと思いましたが、せっかくなので、チューリップだけでも見に行くことに。

bnib78rttrw8e (1)

ネモフィラよりちょっとピークが早いのがチューリップ。でもこのタイミングなら両方楽しめます。

bnib78rttrw8e (2)

よく咲き誇ってますなぁ。

bnib78rttrw8e (3)

では、次の予定もあるので、撤収しましょう。

でも結構遠いんですよね、出口まで。汗だくです。

bnib78rttrw8e (4)

これから入場する車の列を見て「あぁ、大変だなぁ」と思いつつ、さらば「ひたち海浜公園」。

またハム焼を食べに来るよ。

ここからは、あんずさんがよく行ってると思われる山田うどんを通り過ぎ、

bnib78rttrw8e (5)
(google様からお借りしました)

勝田駅方向へ。

bnib78rttrw8e (6)

セイブの勝田店さんで、手緒里うどんを購入。

ここは仕事で長期出張に来た際に、夕飯をよく買ってたので馴染みがあるんですよ。

そしてその足で向かったのは

bnib78rttrw8e (7)

手打ラーメン大進さん。あんずさんから激推し頂いてから数年。ようやく、ようやくの訪問です。

このエリア、近所に駐輪スペースも無く、また近隣の駐車場は二輪車に対応していないと、バイクで来るのはめっちゃメンドクサイんですわ。そのくせ駐禁道路だし。

駅周辺なら駐輪場くらいありそうなんですけどね。小さな町でもないのに。

いちおう周辺をバイクで見て回ったのですが、バイクを停められそうなところがありませんでした。

※もしどこか適当な場所をご存知の方は、教えてくださいますとありがたいです。

そんでもって、現着は12:18。それで混み具合ですが、

bnib78rttrw8e (8)

16-7人というところでしょうか? なかなかの混みっぷりです。

ここはスマホとイヤホンで音楽でも聴いて時間をつぶします。それにしてもこの界隈、

bnib78rttrw8e (9)

向かいの現代さんも混んでますねぇ。

外からもメニューが見えるんですけど、

bnib78rttrw8e (10)

ここに来たら焼肉冷やしの一択! 問題は大盛にするかどうかですが、既にハム焼で今日のお昼の塩分をオーバーしているので、ここは普通盛でいきます。

結局入店したのは13:00頃。約40分待ちなので、回転はまずまず。

実際客のほとんどは焼肉冷やしorホット。あとは餃子をつけるかどうかくらいの選択肢なので、都度調理品の割には悪くないんです。

ただ要注意なのがここでこのメニュー以外の選択をした場合。2人くらいスタミナ冷やしの人がいたんですが、ロットをまとめるためか、ちょっと後回しにされるようです。

そんでもってお待ちかねの「焼肉冷やし」着丼!

bnib78rttrw8e (11)

いわゆるスタミナ冷やしのレバーが唐揚げになったバージョンか? と思っていましたが、ちょっと違いますね。

まず野菜がほぼ無い。

ちなみにえむずさんのスタミナ冷やしは

ojirg6846 (28)
(元ネタはこちら

キャベツ満載だし、かぼちゃやニンジンなど、あまい野菜も多めです。

一方この焼肉冷やしは

bnib78rttrw8e (12)

具はほぼ豚のから揚げ、コーン、ワカメ、ネギのみ。かなりシンプルです。

そんでもって、噂の手打ち麺ですが、

bnib78rttrw8e (13)

極太の中華麺。ほぼうどん。しかしこれが旨い! やっぱこれ並ぶだけのことはあるわ。

具もコーンだのワカメだのとシンプルで、家庭料理みたいな構成なんですが、あん自体は甘じょっぱくピリリと辛い、スタミナ冷やしのアレです。しかもあんが多い! そしてなかなかのボリューム感。

ちなみにワタシの横の人は大盛食べていたんですが、かなりデッカイ丼で出てきます。

「これは食いきれん」と思ったけど、普通盛食った感じでいうと、大盛も全然イケます。

肉もいいんだこれが。

bnib78rttrw8e (14)

そもそも量が多いので、麺を食べきってもちゃんと肉が残ります。そして単体で食べても美味しい。

そんな凝った味じゃないんですけどね。田舎モンが大好きな味だと思います。レバーや根菜がキライな人でも、この焼肉冷やしなら食べられると思います。具的にも子供が好きそうな構成で、実際そんな味です。

最後に注意点ですが、この店、この陽気にもかかわらず、中が外より異常に暑いです。

そういう意味でも長居するような店ではございません。さっさと食べて出るのが正解です。

住所:茨城県ひたちなか市元町2-4


ちなみに帰りの13:25時点ではこんな感じ。

bnib78rttrw8e (15)

14:00までのはずなので、この人たち全員食べられるのかな?

この後はノープランというか、そのまま高速で帰宅しようと思っていたのですが、

bnib78rttrw8e (16)

せっかくなので、少し寄り道しようかなと。

bnib78rttrw8e (17)

茨城空港方面に向かいます。この高速、田舎にありがちな「ほぼ貸切」ですな。

茨城空港北ICで降りて、K144→R355とつないで、霞ケ浦方面へ。

bnib78rttrw8e (18)

途中で思いがけないものを見たので急停止。

bnib78rttrw8e (19)

三味塚古墳。こんなところに古墳があるなんて! 早速登ってみましょう。

bnib78rttrw8e (20)

この芝生の斜面は上っちゃいけないらしく

bnib78rttrw8e (21)

階段があります。上には

bnib78rttrw8e (22)

こんな風に眠っていらしたのだぞ・・・と案内図。生々しいですな。

bnib78rttrw8e (23)

バイクを見下ろすと霞ケ浦がよく見えます。

bnib78rttrw8e (24)

ここからは道の駅たまつくりに向かいます。もともと予定していなかったので、霞ケ浦の見どころがわかりません。きっと道の駅には案内図くらいあるでしょう。

bnib78rttrw8e (25)

そう思ってきたのですが、観光案内的なものは何も無い。

bnib78rttrw8e (26)

白魚と鯉、鮒が名物みたいですな。

案内図が無いので💩しながらトイレでググってみたのですが、特に見どころも無いらしい。

以前pieceさんがいらしていた、鹿島神社西の一乃鳥居に行けるかな? とも思ったけど、ちょっと遠いので今日はパス。

道の駅周辺の道路をちょっとだげ流してみます。

bnib78rttrw8e (27)

でも曇天なせいもあってか、イマイチ。

bnib78rttrw8e (28)

おとなしく橋を渡って帰りますか。

bnib78rttrw8e (29)

西の一乃鳥居はまた今度ということで。

bnib78rttrw8e (30)

この後はR354を土浦に向かって走ります。

bnib78rttrw8e (31)

土浦北ICからはまた高速。

bnib78rttrw8e (32)

いつもよりちょっと早めの撤収なので、道路はそこまで混んでません。まったく渋滞が無いわけでも無いけどね。

それにしても、あちゅい。

bnib78rttrw8e (33)

29℃で秋冬用パンツはヤバい。今日はこれじゃなかったな。

GWの頃というと、たいていもっと寒いんだけどな。これが八ヶ岳方面とかだと全然違うんでしょうが、茨城は東京と変わらんということですね。

そして前の白いベンツのSUVがデカい。これは戸田さんのアレと同型じゃないかな?

常磐道の渋滞は10Kmくらいかなぁ。その後の外環道も多少すり抜けしつつ川口中央ICで降りて

bnib78rttrw8e (34)

一般道で自宅へ。自宅でちょっと作業して、駐輪場に戻ります。

bnib78rttrw8e (35)

今日のルートはタイムライン的にこんな感じ。

bnib78rttrw8e (37)

google様的には325Kmってところですかねぇ。今回は無給油で帰ってこられました。

あとは4月に失効する楽天ポイントを消化するために東急ストアで買い物して、風呂入ってからの

bnib78rttrw8e (36)

ルービータイム!

これじゃ絶対痩せねぇwww

この後はハイボールを飲み続け、23:00くらいに記憶が無くなってそのまま就寝。

テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク
2024年05月01日 (水) | Edit |
4/20。

この週末はもともと出かける予定は無かったのですが、土曜は晴れで日曜は雨と聞いてしまうと、

「土曜日ならネモフィラが狙えるんじゃないか?」

と思いまして、久々にひたち海浜公園へ行こうかなと。ということで、前日は飲まずに就寝しまして。

hvd574yghrw (1)

7:20過ぎに出発。今回はついでに最近購入したデイトナのグローブの使い勝手を確認します。


ちなみに今日の服装は

上:ラフパーカー
下:ワークマンパンツ

です。上はともかく下が暑すぎるか? とも思ったけど、常磐道も寒い時があるので、今日はこれにしてみました。

予想最高気温は23℃なので、まぁ大丈夫でしょう。

今回はツープラを利用しますので、

3tj34ojg3g84.jpg

川口中央ICまでは金をケチって我慢の下道。でも割と空いてたな。

hvd574yghrw (2)

ここからは外環→常磐道と進みます。

hvd574yghrw (3)

三郷→流山まではやっぱり渋滞ですなぁ。

途中千代田部PAで休憩。

hvd574yghrw (4)

何でかというとコンビニATMで現金を下ろすため。また1000円しか入っていなかった。

友部JCT周辺でまた渋滞。そしてそこを抜けるとひたちなかの出口でまた渋滞。

hvd574yghrw (5)

この時期に車でここに来る気にはなれんなぁ。今回は娘と車で来ることも考えたけど、かなり早起きしないとヤバいので、それはやめましたわ。

いつものように西駐車場に直行。駐車場代300円はなんと現金以外でも支払い可能でした。

hvd574yghrw (6)

入場料は800円。これもカードで購入可能。

hvd574yghrw (7)

現金下ろさんでも1000円で・・・はさすがに今日1日は過ごせないでしょうwww

ちなみに初めて来たのは10年前ですが、その頃は500円しなかったような・・・。

hvd574yghrw (8)

ここは基本ネモフィラの咲くみはらしの丘にしか用は無いので、さっさと直進します。

だんだん人の数が増えてくると、その先に

hvd574yghrw (9)

ネモフィラ!

hvd574yghrw (10)

今日は「晴れのち曇り」の予報のはずでしたが、これは明るいけど曇りですな。残念!

あらためて現地の天気予報を見ると、13:00くらいからちょっと晴れるようです。午後に来ればよかったなぁ。

maketa.jpg

まぁでも一番の目的は他にあるので、気にしないことにします。雲も薄いので気分は悪くないしね。予報では黄砂もそれなりに飛んきているらしく、ワタシもマスクしながらのお散歩。

hvd574yghrw (11)

やはり明日は雨予報なのを皆さん知っているようで、人出も多いですなぁ。

hvd574yghrw (12)

ちなみに今日ここに来たのは、ネモフィラはついででして、本命はこちら。

hvd574yghrw (13)

列がまだ短いうちにさっさと並びましょう。

hvd574yghrw (14)

五浦ハムの「ハム焼」です。これがめっちゃ美味いわけですよ。でも売ってるところをここしか知らんので、ネモフィラかコキアを見るということにして、ここにやってくるというわけでございます。

hvd574yghrw (15)

この煙に吸い寄せられるんですわ。。。

hvd574yghrw (16)

バンバン売れていくので、ガンガン焼いていきます。

そして今回購入したのは、ローズポークハム焼、700円。

hvd574yghrw (17)

ちなみにここは現金会計。早速近くのベンチに座って頂きましょう。

hvd574yghrw (18)

ちょっとぬるかったけど、味は美味かった。しかし塩分的にはNGですわぁ。

今日はこの後メインディッシュも高カロリー高塩分なので、ちょっとアカンですが、来週また節制しますよ。

お腹も満たされて満足したら、丘を登りましょうか。

hvd574yghrw (19)

ふと見上げると、ウエディングドレスのお姉さまが。

hvd574yghrw (20)

土曜日の撮影はなかなかチャレンジャーですなぁ。

hvd574yghrw (21)

スマホもPixelになってピントが思ったところに合わないという問題もだいぶ解消されました。ありがたいことです。

hvd574yghrw (22)

撮影に夢中でペットボトルを落としてしまったことに気づかなかったのですが、白人の旅行客さんが拾って持ってきてくれました。

ありがたいことですなぁ。特亜三国だったらありえないことでしょう。いや、韓国の人はやさしい人もいらっしゃるので、三国ではないか。

そして上に上がると見えてしまうこの光景。

hvd574yghrw (23)

手前の2つは火力発電所。東海村の例の設備はもっと奥になります。

hvd574yghrw (24)

上に登ったら後は下るだけ。

hvd574yghrw (25)

まだちょっと青いところもあるので、見頃は月曜当たりかも。

下りたところにはこの看板。

hvd574yghrw (26)

ババヘラアイス?? ちょっと食べてみたかったんですが、

hvd574yghrw (27)

待ってる人がとぐろ巻いてる状態で、残念ながらパス。

hvd574yghrw (28)

もうちょっと日差しがあれば、菜の花も映えたことでしょう。

hvd574yghrw (29)

ただ日差しは多少あって、丘を登ったらめちゃくちゃ暑い! 特にワークマンパンツが。

hvd574yghrw (30)

こりゃ長居はできませんな。そろそろ脱出しましょう。

(つづく)

テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク