fc2ブログ
「パッタイ」と「エビチリ」
2023年11月30日 (木) | 編集 |
11/24。

今日はもともと休暇の予定でしたが、一昨日に仕事でトラブったのでお仕事します。

休暇は来週どこかで取ればいいかな。

昨晩はまたしてもカツオちゃんで一杯のつもりが、二杯、三杯・・・となりまして、今朝は絶不調。

まぁ在宅勤務だしどーでもいいんですけどね。

そんな今日のランチは、最後にちょっとだけ残ったパクチーを消費すべく、パッタイにします。

麺は業スーのセンレックを使用。これが安いし食べ応えがあるので良いのです。80gをぬるま湯で20分戻します。

そして、具はもやし、ニラ、しいたけ、ハム、シーフードミックス、玉子。ソースは嫁さんが以前買ったパッタイソースが残っているのでそれを使用します。

先に卵を炒めておいて、その後具を炒めてから麺投入、ソースを入れて温まったら玉子入れてパクチーを載せます。

w65ehtehte (1)

今回のは旨かった! 麺の戻し&炒めが完璧。やや固めに仕上げるのが良いようです。

思わず貪り食ったので、麺リフトは暫く後で撮影。

w65ehtehte (2)

相変わらずピントが合わなくてすみません💦

あと、80gだとちょっと多いな。60gだと少なく感じるんですが、どのくらいがバランスがいいのか?

それが問題です。

そして夕方には悪魔の通知が・・・

43t93u83gre.jpg

あーあ。やっとチケット当たったのになぁ。。。

そんでもって晩飯なんですが、嫁さんが

siva008.jpg
(嫁さんネタはあくまでファンタジーです)

「今日は娘が食べたいって言ってたのでエビチリなのよ」

オレの希望は聞かんのに娘の希望は聞くんだな・・・と思いつつ、

「でもあなた、夜はライブで出かけるんじゃないの? どーすんの?」

と聞くと

「何か問題あるの??」

siva001.jpg
(嫁さんネタはあくまでファンタジーです)

と聞き返す嫁。

ワタシ的にはエビチリは作るのも面倒だし、材料コストも高いし、中華だからできれば娘に作り置きを食べさせたくないので、娘の帰宅に合わせて作りたい。でも娘は今日も残業だろうから、こりゃ面倒だなと。

一方嫁は作り置きする気満々だったのだろうが、何となく察したようで、

「じゃまかせる。エビは生が無かったので冷凍むきエビだからね」

と言って出かけていきました。なので、今回はワタシが作ります。

今回嫁が用意したエビチリの素ですが、

wegjgr4r547gyr (1)

珍しいな、南国酒家なんて。エビチリ食べたことあったかなぁ? ワタシ的にはエビチリは素が無くても作れるのだが、せっかくなので、使いましょう。

まずはむきエビを解凍して、素の指定量を用意します。むきエビは氷でコーティングされているので、解凍すると重量が減りますからね。

そして背ワタを取っていくのですが、これがまた地道で面倒。嫁さんは取る気あったのだろうか?

そしてこれを揚げていきます。

wegjgr4r547gyr (2)

素のレシピは炒める形でしたが、ワタシはいつもコレなので。

wegjgr4r547gyr (3)

あとでもう一度火が入るので、固くならないようにするのが重要。

そして娘が帰ってきたら、素と絡めて完成。

wegjgr4r547gyr (5)

ワタシとしては「この素、あまり旨くねぇなぁ」と思いました。なんかねー、しょっぱいのよ、コレ。

まぁ娘は旨いと言って食べてたので、問題は無いでしょう。

そして娘用にもう一つ用意したのがこちら。

wegjgr4r547gyr (4)

風邪撃退用スープ。これは少な目の水で多めの野菜をクタクタに煮てます。風邪っぴきだからシャキシャキじゃなくていいのよ。そして味はニンニクと姜葱醤でポカポカでクサクサ。塩分はエビチリがしょっぱかったのでかなり薄め。味の薄さはしいたけでカバーします。

娘も「やさしい味だねぇ・・・」と言って、食べてくれました。

帰ってきたのが9時過ぎだったので、それから用意するのがやや面倒ではありましたが、喜んでもらえてよかったです。ただ、ワタシは先に晩飯を食べた後に、エビチリを作ってそれをつまみにまた飲んだので、結果的にだいぶ不摂生になってしまった。

ちなみに週末のいつものカブネタは、追記にて。

週末いつものお話です。まずは今週の日経平均。

【日経平均】
regyrg554521t.jpg

いいですねぇ。でもワタシの単元株は含み益微減。というのも今回含み損の大きい銘柄を売却する際に、その埋め合わせに含み益のある株をある程度一緒に利確したので、±0に帳尻を合わせたつもりがキッチリそうならずに微減となりました。

その結果、全体に占める含み損は1/10くらいに減ったんですが、全体としてはわずかに含み益が減りました。

9銘柄を処分したので単元株の保有金額も4割くらい減りました。もうちょっと上がってからやっても良かったのですが、今週は頭打ちでしたので、ここが潮時かなと。

また来週下がりそうな気がするので、実はかなり全売りしたかったんですが、いったんここまでということで。

このまま3月を迎えると配当もだいぶ少なくなってしまうので、また高配当銘柄を中心に買い足したい思うのですが、最近読みが全くハズレているので、一旦お勉強する時間を頂こうかなと。

整理した後のウォッチリストを見ても、

g8wrygre54.jpg

売ってもまだTOPIXにすら伸びが届きません。ワタシの場合、配当利回り2%未満は眼中にないのですが、

eguihwrrg54.jpg

この辺の株、1社も持ってないですからねぇ。過去買おうと思ったことがあるのは、出光興産と三菱ガス化学くらいかなぁ。

売らない方が良かった株も結構あったと思うのですが、やっぱ2桁%で含み損になってる株がずーっと上がらずに残っているのは精神衛生上非常に良くないです。いつも売り渋るワタシが一気売りしたわけですが、スッキリしました。

コレを機に反省して、ちゃんと損切り指値注文を入れておくようにしたいと思います。9月末にやらかした失敗はこれで一旦ほぼ清算完了です。

今見ると笑っちゃうんですが、上のウォッチリストを3か月で見ると、

e74grh45weh.jpg

9/末~10/初のジェットコースターばりの下落は、マジで顔面蒼白になりました。やっとここで±0ですわ。逆に言うと9/下旬は日経平均の遥か上だったので、イケイケー!って調子こいて買い増しして、背負い投げくらいました。

あと単元株とS株は被らないように買っていたのですが、単元株って売っちゃうのでガチホするならS株でチマチマ買っておくのがいいですね。今後はガチホ株は単元株とカブってもS株でも買おうと思います。S株は基本配当優先で売らない予定なので。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
おはようございます✨
(〃´▽`)ノシ☀️

あれ?
エビチリの素って
海老🦐は入ってない?

エビフライ以外に
好んで海老を食べることないので
スーパーで売ってる素を
気にしたこと無かったですゎ
( ´;゚;∀;゚;)

ちなみに背綿って
海老のウンコ💩なんでしょ?
2023/11/30(Thu) 06:38 | URL  | 戸田鐵朗 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
戸田さん おはようございます。

エビが入っているエビチリの素は、いわゆる

「〇〇があればすぐ出来る〇〇〇〇」

っていうシリーズのチルド商品ですね。

この手のクックドゥみたいなレトルトの素には
入っておりません。

エビの背ワタは腸管です。つまり💩とも
言えますが、入ってるものの多くは砂。
だから食べるとジャリって言います。

ちなみにウチの父はホタテの黒いところを
💩袋と言ってましたが、あれは💩ではなく
肝臓的なモノ。ただできれば食べない方が
いいらしい。
2023/11/30(Thu) 10:16 | URL  | kenboo(けんぶー) #u0Qatnm2[ 編集]
こんにちは
エビチリは昔作って大失敗してから作ってません
素もあるのですね、これで作れば失敗は無さそう
背ワタ取り面倒ですよね
なので自分はエビ料理少な目です
食べるのは好きなんですけどね



2023/11/30(Thu) 10:48 | URL  | hase #-[ 編集]
Re: こんにちは
haseさん おはようございます。

エビチリで失敗?? 

うーむ、ワタシ的にはエビチリは失敗の少ない
中華料理ではないかと思います。ただ材料費が
高いのと、とにかくメンドクサイだけで。

エビチリって特殊な調味料は一切無くても
できますよ。豆鼓炒めとかだと豆鼓醤がいるし、
回鍋肉だと甜麵醬がいるけど、エビチリって
豆板醤くらいあれば、あとはケチャップベース。
ただ、できれば殻のつきのエビがいいです。
殻からもエビの出汁が出るんですよ。

背ワタ取るのは面倒です。冷凍エビだと尚更。
小さいエビなら取らないけど、エビチリ用は
それなりの大きさなので、取るしかないっす。

エビチリ作ると大学生の頃中華屋でバイトを
してた頃を思い出します。業務用の冷凍の
ブラックタイガーをケース毎、冷水解凍して
背ワタ取るんですけど、これがもう冷たいわ
メンドクサイはで、初めてやった時に夢に
出てきましたよ。
2023/11/30(Thu) 11:00 | URL  | kenboo(けんぶー) #u0Qatnm2[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック