fc2ブログ
中国ラーメン揚州商人 田無店
2013年09月22日 (日) | 編集 |
この日は娘が「酸辣湯麺が食べたい」と言うので、それならここだ! とやってきたのは揚州商人さん

この前の紅虎でも酸辣湯麺は食べられないことはないのですが、やはり以前の万豚記のイメージで、酸辣湯麺ならやっぱりここかと思いまして。

DSC_0031_2013091614440711d.jpg

このお店の雰囲気がなかなかよいですなぁ。冷たいジャスミン茶が出てくるのですが、娘はお水をもらいました。

まずは娘の酸辣湯麺。

DSC_0032_20130916144408943.jpg

ここのは実はあまり辛くない。テーブルのラー油をかけるもよし、激辛酸辣湯麺もあるので、そっちをオーダーするもよし。黒酢が良く効いてます。そして、この店は麺が太麺と細麺を選べます。

娘は当然太麺。

DSC_0036.jpg

このピロピロ麺が美味いんだな。酸辣湯麺自体は一般的に細麺の方が合うと思いますが、これは好きな味です。

嫁さんは黒酢の冷やし麺。

DSC_0034_20130916144412632.jpg

TVのランキング番組で上位に入ったそうですが、うーん、冷やし中華の黒酢版ってところ。

それと、一度頼んでみたかった小皿料理で、たぶん回鍋肉。

DSC_0033_201309161444114cb.jpg

これは正直しょぼかった。肉も細切れ。キャベツも細切れ。食べ応えは無いです。

そしてワタシは何を食べたかと言いますと、これ。

DSC_0035_20130916145013a6b.jpg

娘が万一酸辣湯麺を辛くて食べられなかった場合の抑えで注文した揚州炒飯。いわゆる日式炒飯に最も近いのがこの揚州炒飯ですが、これがまた美味いんだな。

ご飯はパラパラ。塩加減も丁度良く、油の入り具合も必要にして十分。具もシンプルですが、それだけに上手にできてると美味しい!

お腹も満腹。十分満たされました。

ここの酸辣湯麺と上海焼きそば、揚州炒飯は「間違いない」味だね。また来店したいと思います。


住所:西東京市芝久保町4-12-49


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:中華料理
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック